動画に対するコメントの重要性 -何故YouTuberはコメントを呼びかけるか-

53
465
Youtube コメント

これまでYouTubeがアルゴリズム等で1つ1つの動画を評価していることに触れてきました。

アルゴリズムに好まれる動画とは?
YouTubeアルゴリズムとは?

そのようなアルゴリズムの評価に影響する意外なものの1つが動画へのコメントです。

①何故コメントが評価に影響するのか?

YouTubeは単なる動画共有サービスとしての側面だけでなく、ソーシャルメディアとしての一面も持っています。
そのためYouTubeに投稿される動画に対する「フィードバック」があればあるほど、動画の評価も上がる傾向にあります。

ここでいう「フィードバック」とは、高評価(低評価)、SNSへの共有、そしてコメントです。

YouTubeはそのプラットフォームをコミュニティととらえており、チャンネルの運用者と視聴者のコミュニケーションを非常に重要視しています。
そうした意味で、動画に対するコメントはYouTube内で視聴者とチャンネル運用者がコミュニケーションを取ることができる数少ない方法の一つなのです。

また、コメントした視聴者に対して、他の視聴者はコメントの返信をしたり、高評価することができます。つまり、動画を通じて視聴者同士でコミュニケーションを取ることができるということです。

これらによって視聴者のコメントが活発になると、YouTubeはその動画の「ソーシャルメディア」としての側面を高く評価することにつながります。

また、視聴者がコメントを確認しながら動画を視聴する場合、その間は動画は視聴されていることになるので、視聴維持率を上昇させる一つの要因でもあります。

これらの理由からコメントは重要だといえるのです。

②コメントを促す方法

視聴者にコメントを投稿してもらうためには、動画内でさまざまな工夫をする必要があります。
その最も代表的な方法が「コメントよろしくお願いいたします」の様に、コメントを投稿することを呼びかけることです。

ただ、シンプルにコメント投稿を促すだけでは、視聴者がどのようなコメントをしたらいいか迷ってしまいます。

例えば「質問」や「リクエスト」について、コメント欄で書き残すように誘導することで、視聴者はコメントを具体的に考えやすくなり、コメントしやすくなります。

また、投稿されたコメントに返信するのも、視聴者心理として「投稿者とつながることができた」と感じることができ、とても効果的です。

積極的に視聴者と交流してみましょう。

いかがでしたでしょうか?

コメント欄への投稿を促すことは視聴者からの反応を受け取ることができるというだけでなく、動画やチャンネルの「ソーシャルメディア」の側面が高く評価されることにもつながります。

皆さんもコメント欄も考慮に入れたYouTubeチャンネル運用をしてみましょう。

53 コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here