SNS広告運用は代行サービスがおすすめ!信頼できる代理店はどこ?

0
1146

Web広告を活用するにあたって、SNS広告の運用は外せない選択肢になっています。多くの人が、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを利用しているため、高い効果が期待できるからです。

また、SNS広告は利用者の属性を元にした精度の高いターゲティングが行えます。そのため、他のWeb広告より新たな顧客を効率的に取り込める可能性が高いのです。

この記事では、SNS広告の基本的な知識、活用方法、そして代行サービスについて詳しく解説していきます。Web広告の運用を検討されている方はぜひ参考にしてください。

SNS広告とは?運用するメリットについて

SNS広告とは、その名前のとおり、FacebookやTwitter、Instagram、LINEなどのSNSに広告を出稿(配信)することです。主なSNS広告には、以下のようなものがあります。

  • タイムラインやストーリーズに表示される広告
  • アカウント欄に表示される広告

テキスト広告、バナー広告だけでなく、動画やカルーセルを利用した広告が多いのもSNS広告の特徴です。

SNS広告のメリット

Web広告には多くの種類がありますが、SNS広告を選ぶメリットはどこにあるのでしょうか。主なメリットを3つご紹介します。

精度の高いターゲティングが可能

SNS広告を運用する一番のメリットと言えるのが、精度の高いターゲティングです。すべてではありませんが、SNSは基本的にユーザーが個人情報を登録しなくては利用できません。

年齢や性別に加え、居住地、職種、趣味などの登録が必要な場合もあります。そのため、ユーザーの詳細な情報を元にした精度の高いターゲティングができるのです。

商品やサービスに合わせて、「30代の関東地区に住む男性」「20代の関西に住む大学生」など、ターゲットを絞って広告を配信できるため、高い費用対効果が期待できます。

潜在顧客へのアプローチが可能

SNS広告は、自社の商品やサービスの存在を知らない「潜在顧客」にもアプローチが可能です。検索連動型広告やリターゲティング広告は、ユーザーが検索したり、過去にアクセスしたりしたサイトなどから広告を表示させます。

つまり、悩みや必要なサービスを自分で自覚している「顕在層」へしかアプローチできません。しかし、SNS広告はターゲットを絞りながらも、多くのユーザーの目に触れるように配信が可能です。自社の商品やサービスを知らないユーザーにも広く認知してもらえるように活用できます。

ユーザーに拒否されにくい

インターネットの利用が習慣化している現代の消費者は、大量に配信されるWeb広告に嫌悪感を持っている傾向が強いです。そのため、広告を全く見ない、表示させないように設定しているというユーザーも少なくありません。

しかしSNS広告は、タイムラインやストーリーズなどに、自然と溶け込みます。また、広告の表示にさまざまな工夫ができるため、ユーザーから拒否されにくいというメリットがあるのです。

SNS広告の効果的な活用方法とは?

多くのメリットがあるSNS広告ですが、具体的にどのように活用すれば良いのでしょうか。ここでは、効果的な活用方法を2つご紹介します。

自社ブランドや商材を認知させる

先ほどもお伝えしたように、SNS広告は他のWeb広告よりも効果的に潜在層へのアプローチが可能です。この特徴を活用すれば、自社を認知していないユーザーへのアプローチが効果的に行えます。その結果、自社ブランドや商材の認知拡大が可能になるのです。

ブランドイメージ向上とファンの獲得

SNSは、広告と併用してアカウントの運用が可能です。これを活用すれば、ブランドイメージを向上させ、リピーターとなるファンを多く獲得できます。ユーザーのニーズに合った情報を定期的に投稿したり、キャンペーンやイベント情報を告知したりなどがその一例です。

ユーザーとSNS上でつながりを持つことで、信頼の獲得につながります。その上で広告を活用すれば、より高い費用対効果が得られるのです。

SNS広告の運用で効果を出すポイント

SNS広告をより効果的に運用するには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。ここでは、効果を出す運用のポイントについてお伝えします。

ターゲットを明確に設定する

SNS広告の運用において、ターゲットの設定はとても重要です。自社の商品やサービスをどんな人に利用して欲しいのか、またはどんな人が必要としているのかを明確に設定しましょう。

最初にもお伝えしたように、SNS広告の強みは精度の高いターゲティングです。他のWeb広告よりも、配信先を特定して運用できます。しかし、自社でターゲットを明確にできていなければ、その強みを活かすことができません。

広告を配信する前に、まずはターゲットを明確に設定してください。そうすれば、高い効果を出しながら運用できるでしょう。

目的を明確にする

SNS広告を利用する目的は、企業によって異なります。具体的には次のようなものです。

  • 商品やブランドの認知拡大
  • ファンの獲得
  • 見込み顧客の情報収集
  • 商品やサービスの販促

もし、商品やブランドを広く知ってもらうことを目的としているのであれば、広告のインプレッション数などの指標が重要です。他の目的であれば、クリック数やクリック単価、さらにはコンバージョン率まで分析する必要があります。

このように、広告を配信する目的によって運用方法が大きく変わってきます。何を目的として、SNS広告を活用するのかを明確にしましょう。

広告の見せ方を工夫する

SNS広告に限らず、Web広告はユーザーの目に留まり、クリックしてもらわなければ効果が得られません。特にWeb広告は、流れるように大量に配信されているため、ユーザーが見過ごしたり、無視したりする可能性が高いです。

そこで、広告の見せ方への工夫が求められます。画面のどこに表示させるのが効果的なのか、最適なサイズはどれか、テキストと動画のどちらが良いのかなど、十分に検討しましょう。また、実際に配信した結果をもとに改善を繰り返すことも重要です。

SNS広告運用の代行とはどんなサービス?

SNS広告の配信自体はそれほど難しくありません。Webサイトなどで情報を集めながら行えば、比較的すぐに可能になるでしょう。しかし、効果の出る運用をするには、ノウハウが必要です。

そのため、これまでSNS広告を運用した経験がない企業にとっては、不安も多いはずです。思うように成果が出ずに、広告費だけがかかってしまうということもあるでしょう。また、運用業務が負担になることも否定できません。

そこで検討すべきなのが、SNS広告の運用を代行してくれるサービスです。このサービスを活用すれば、ノウハウがない企業でも、効率的な運用が可能になります。

代行サービスに依頼できること

代行サービスに依頼できる内容は、次のようなものです。

  • 広告の作成
  • ターゲティング
  • 配信
  • アクセス分析
  • レポート作成 など

以上のように基本的には、SNS広告の運用に関するすべての業務を代行してもらえます。もちろん、自社で担当する部分と切り分けての依頼も可能です。

通常、効果的な運用のためには多くの情報を集め、実際に配信を繰り返して、経験やスキルを蓄積する必要があります。しかし、時間や人的リソースの関係で、それが難しい企業も少なくありません。

このような企業は、積極的に代行サービスへの依頼を検討するのがおすすめです。

SNS広告運用を代行サービスに依頼するメリット

SNS広告の運用を代理店へ依頼するメリットについて、さらに詳しく確認していきましょう。依頼を検討している企業は、ぜひ参考にしてください。

他の業務にリソースを割ける

SNS広告の運用を自社で行うと、時間と手間がかかります。担当者を選んだり、規模によっては専門部署を作ったりする必要もあるでしょう。そのため、これまで行っていた業務に関わる時間を削る必要が出てきます。

ベンチャーや中小企業の場合、新たな業務にリソースを取られるのは大きな負担です。しかし、代行サービスを活用すれば、リソースを最小限に抑えられます。他の業務にリソースを割けるため、会社全体の仕事が滞る心配もありません。

プロのノウハウが活用できる

SNS広告を代行する最大のメリットは、プロのノウハウが活用できることです。効率的に運用をして効果を出すためには、知識と経験が必要です。そのため、経験のない企業がすぐに結果を出すことは難しいのです。

広告の運用実績が豊富な会社であれば、知識と経験を持つ担当者が多くいます。これまでの運用から膨大なデータを蓄積しているため、すぐに成果が上がることが期待できるのです。プロのノウハウが活用できることはもちろん、情報を共有してもらうことで、自社でも知識と経験が蓄積できます。

炎上を未然に防げる

SNSを活用する際にもっとも注意すべきなのは、炎上です。これは広告の運用にも共通しています。SNSは非常に拡散力が高いため、不適切な広告を配信してしまうと一気に広まってしまいます。配信を止めても、なかなか収拾がつかない状態になることもあるのです。

広告が炎上すると、会社のイメージが悪くなり、社会的信用を失うことにもつながります。会社にとって大きなダメージになってしまうでしょう。

代行会社に運用を依頼していれば、配信前に広告内容にチェックが入ります。実績のある会社は、どんな内容や表現がユーザーにネガティブな印象を与えるのか理解しているため、炎上を事前に防げるのです。

広告運用代行の費用について

SNS広告運用サービスを利用するには、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか。発生する費用と、相場は次のとおりです。

必要な費用詳細
初期費用依頼する会社によって異なるが、5万円前後が相場。中には初期費用は無料という会社もある。
手数料一般的には、広告費の20%と設定されていることが多い。使う広告費が多いと、手数料が割安になるケースもある。
広告費自社の予算に合わせて設定可能。ただし、月に広告費◯万円以上からしか受けないなど設定している代行会社もある。

以上の内容はあくまで一般的なものです。詳細は、SNS広告の運用依頼を検討している代行サービスや代理店に問い合わせて確認してください。

運用を依頼する会社の選び方

運用を代行してもらう会社を選ぶときには、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。ここでは、代行会社の選び方をご紹介します。

実績を確認する

代行会社を選ぶ際には、これまでの実績を確認する必要があります。実績が少ない、案件ごとの運用期間が短い、自社とは異なるジャンルの案件の実績しかない場合は注意が必要です。

実績が少ない場合は、経験やデータが十分に蓄積されていない可能性があります。案件ごとの運用期間が短いケースは、思うような成果が上げられていない可能性が高いです。

また、実績が豊富でも、自社と異なるジャンルしか経験のない場合も注意してください。SNS広告はジャンルによって、適切な運用方法があるため、思うような効果が得られないこともあります。依頼する前に、これまでの実績を十分に確認しておきましょう。

運用方法やサービス内容を確認する

SNS広告をどのような手法で運用するのかも確認しておきましょう。代行会社によって、運用方法が異なるため、事前に知っておくことが重要です。

ただし、大切なことは運用方法そのものではありません。どうしてその運用方法を採用しているのかを、根拠を持って説明してくれるかが大切な確認ポイントです。これまでの経験やデータから導き出された運用方法であれば、信頼して任せられます。

SNS広告運用は代行サービスの利用を検討しよう

今回はSNS広告について詳しくお伝えしてきました。SNSは多くの人にとって、欠かせない情報収集の手段であるため、SNS広告は活用次第で高い効果が期待できます。目的やターゲットを明確にして運用すれば、ビジネスに大きな成果をもたらしてくれるはずです。

しかし、SNS広告で効果を得るには、知識や経験が必要です。そのため、社内にノウハウがない企業は、広告運用代行サービスの利用を検討しましょう。広告の出稿やターゲティング、データ分析・解析まで、運用に関わる業務を任せられます。プロのノウハウを活用すれば、すぐに成果が見込めるでしょう。

弊社アスライトは、SNS広告の運用を代行いたします。コンテンツ作成から出稿、ターゲティング、レポート作成など、運用に関わる業務の代行が可能です。ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

弊社アスライトでは、
SNS広告も活用できる補助金・助成金の申請サポートを行っております。
「興味はあるが時間がない/ノウハウがない」とお困りの方、
まずは無料診断を受けてみませんか。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ