【初心者向け】ショップカードを作りたい方に分かりやすく説明

0
143

これからお店を始めるにあたってショップカードを作りたいけれど、デザインの経験がなくてどうすれば良いか分からないという初心者の方も大丈夫です。

目を通してもらえるようなおしゃれなショップカードを作成したい!という方のためにショップカード作成のあれこれについてお話ししたいと思います。

ショップカードの役割とは

まず初めに、ショップカードが担ってくれる役割とは一体どんなものがあるのでしょうか?ショップカードを作成するメリットについて一緒に見ていきましょう。

リピーターに繋げることができる

一度利用してから、また利用したいなと思ってもらえたとして「お店の名前が思い出せない」となると、店側としては貴重な顧客を逃してしまうことになります。そんなときショップカードがあればお店の情報をすぐに把握できるので、リピートしてもらえる率が高くなります。

お店についてさらに知ってもらえる

ショップカードにお店のWebサイトのURL、QRコード、SNSアカウントを載せることで、お店の詳しい情報についてさらに知ってもらうことができます。例えば、ブランドのコンセプトやストーリー、商品へのこだわりを知ってもらうことで信頼感を得られたり、ファンになってもらえる可能性があります。

SNSで拡散してもらえる可能性がある

デザインにこだわったショップカードなら、商品と一緒に取った写真をSNSにアップしてもらえる可能性があります。SNSは拡散力があるので、ショップを知らなかった人に知ってもらえるなどの集客効果を得ることが期待されます。

ショップカードを手に取ってもらうには?

ショップカードを作成しても、実際に人の手に渡らないことには意味がありません。皆さんは手に取った時、どんな印象でしたか?デザインに惹かれて裏表の情報までしっかり読んでしまった、もしくは一目見ただけで興味がなくて捨ててしまった、といった経験があるかと思います。

では、手に取ってもらいやすくするにはどのような対策が必要なのでしょうか?効果的な方法をここでいくつか紹介しておきますね。

実店舗がある場合

  • 店頭に置いておく
  • 会計カウンターに置いておく
  • 会計後、レシートと共に手渡しする
  • ショッピングバックの中に忍ばせる
  • 近くの他店舗に置いてもらう

オンラインショップの場合

  • 配送する商品と一緒にショップカードを入れておく

ショップカードを作成する前の準備

ショップカードを作成する前に準備するべきことがあります。これらを決めた上で実際に作成する段階にとりかかればスムーズに進めることができます。

記載する内容を決める

ショップカードを作成するには、まず記載する内容を決めておくことが大切です。記載内容によってデザインにも影響を与えるので、事前に厳選しておきましょう。ではどのような内容がふさわしいのか紹介しておきたいと思います。

  • ショップ名やロゴマーク
  • 所在地(オンラインの場合は会社や事務所の所在地)
  • 営業時間・曜日
  • サイトURL・又はQRコード
  • SNSアカウント
  • ショップのイメージイラストや写真

実店舗を構えている場合、スタンプカードと併用にしておけば、集客効果がさらに高まります。

デザインコンセプトを決めておく

カードを作成する際、ショップに合ったデザインを心掛けることはとても重要です。なぜならショップカードが客に与えるお店の印象を左右するといっても過言ではないからです。

まず、ショップの分野は何かを踏まえたうえで、その分野に合ったイメージを守ることも大切です。例えば飲食店のうち、和食のお店なら和の雰囲気を取り入れてみる、アクセサリーショップのうち、フェミニンな人向けであればピンクを取り入れてみるなどです。

どういう過程で作っていくかを決める

デザインから印刷まで全て自ら行うのか、印刷からは業者に依頼するのか、全ての過程を外部委託するのかなど、様々な方法があります。

ショップカードの作成費用を抑えたいという方は、自作してみる、クオリティにこだわりたいという方は外部に委託すると良いでしょう。

もし家にプリンターがない場合、コンビニ印刷を利用したり、印刷会社に印刷と出荷を依頼するという形になります。一方で、家や事務所にプリンターがある場合は、デザインから印刷までの工程を全て自らが行えるので、コストを抑えることができます。

ショップカードを作成してみよう

記載内容とデザインコンセプト、作成方法が決まったら、いざショップカードを作成してみましょう。ここでは、自分のスマートフォンやパソコンでショップカードを作成する場合におすすめのアプリやツールをご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スマートフォンで作成する

何より気軽にショップカードを作成できるのは、スマートフォンアプリ上での作業です。

デザインやカスタムの自由度には少し制限もありますが、作業も単純なので初心者の方が一番挑戦しやすい作成方法です。

デコプチカード

デコプチカードは、デザインが豊富でカスタマイズの自由度も高いのが特徴です。ただ、テンプレートには「無料テンプレート」「レビューを書くともらえるテンプレート」「友だちにデコプチカードをおすすめするともらえるテンプレート」という3種類があり、操作面でも少し複雑に感じてしまうかもしれません。

かんたん名刺

デザインやカスタマイズの自由度は低いですが、テンプレートの中から「クール」や「エレガント」などのテーマ別に選んで簡単に名刺を作成することができます。また、操作が簡単なのも初心者の方には嬉しいポイントです。

BiziCard

アプリで作成した名刺はすぐにコンビニで印刷できるのが嬉しいアプリです。ただし、コンビニのマルチコピー機を使ったサービスである分、少数の作成には向いていますが、数百枚以上となると大変な上、クオリティはどうしても低くなってしまいます。

なので大量に印刷したい、クオリティも求めたいという場合は、印刷業者に依頼する方が良さそうです。

パソコンで作成する

パソコンでの作成なら、フォトショップやイラストレーターといったデザインソフトを使用しての作成方法もありますが、テンプレートツールで作るとより簡単にできます。スマートフォンアプリよりもデザインやカスタムの幅が広いので、こだわりのデザインが作成できるのがメリットです。

Canva 

写真素材は300万点以上、デザインテンプレートも7万点以上と非常に豊富なデザインテンプレートサイトです。名刺はもちろんのこと、様々なデザイン作成がオシャレに仕上げることができる人気サイトです。

ただし、無料版には素材やテンプレートに制限があるので、さらに自由自在に使いたいという方は有料版であるCanva Proの使用をおすすめします。

さらにパソコン版だけでなくモバイル版もあるので、スマホやタブレット端末で作成したいなど、状況に応じて活用してみてください。

ラベル屋さん

完全無料であるのに、デザインテンプレート数は約5000以上、対応している用紙の種類は600以上と、豊富な選択肢があるのが嬉しいです。また、編集操作が簡単なことから初心者の方でも作成しやすいのがメリットです。

また、Canvaと同様にモバイル版アプリも用意されているので、ご自身に合った作成法で試してみてください。

まとめ

ここまで、ショップカード作成についてお伝えしてきました。お力になれましたでしょうか?予算重視、デザイン重視など、皆さんそれぞれの状況に合わせてショップカードを作成をしてみてくださいね。

また、弊社アスライトでもショップカード作成の依頼を承っております。デザイン制作の過程から、印刷までを全て承っておりますので、少しでも気になるという方や、ショップカード作成について悩んでいるという方は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

弊社アスライトでは、
ショップカード制作で使用できる補助金・助成金の申請サポートを行っております。
「興味はあるが時間がない/ノウハウがない」とお困りの方、
まずは無料診断を受けてみませんか。