PPC広告とは?リスティング広告との違いや運用にかかる費用を解説

0
207

PPC広告は、自社の商品やサービスの販促、サイトへの集客に有効な手段のひとつです。Web広告の中でも取り組みやすく、予算が少なくても成果が期待できます。

しかし、PPC広告の仕組みや種類、運用方法について詳しく知らないという方も多いはずです。そこで今回は、PPC広告の基本知識やメリット・デメリット、運用のコツなどを詳しく解説していきます。

PPC広告とは?定義や仕組みについて解説

PPC広告とは「Pay Per Click」の頭文字を取って略した言葉です。Web上に表示された広告がクリックされると、費用が発生する仕組みになっています。そのため、どれだけ広告が表示されても、クリックされない限りは広告費が発生することはありません。

広告は一般的に、商品やサービスの認知度向上、企業ブランディングなどを目的として活用されることが多いです。PPC広告でも可能ではありますが、基本的には商品やサービスの販売を目的として活用されています。

PPC広告の費用が決まる仕組み

PPC広告の費用は、下記のようにクリック数×クリック単価で算出できます。

例:100クリック×100円(クリック単価)=10,000円

クリック単価はCPCとも呼ばれるもので、広告が1回クリックされたときに発生する費用のことです。PPC広告の運用において、重要な指標になるので十分に理解しておく必要があります。

クリック単価は原則としてオークションで決まります。キーワードごとに相場があり、1クリック数十円のものもあれば、数千円〜1万円以上の高いものもあります。クリック単価は、上限の設定が可能なので予算のコントロールができますが、相場よりもはるかに低く設定してしまうと、広告が表示されないので注意が必要です。

その他Web広告の課金方法

PPC広告のほかにもWeb広告があり、課金方法が異なります。主なものは次のとおりです。

インプレッション課金(CPM)広告が1,000回表示されるごとに費用が発生
エンゲージメント課金(CPE)広告へのエンゲージメント(反応)があると費用が発生
視聴課金(CPV)動画広告が一定時間視聴されると費用が発生

商品やサービス、ターゲットユーザーによって、効果的な広告の運用方法は異なります。これらの課金方法についても理解を深めておきましょう。 

PPC広告とリスティング広告の違いは?

Web広告についてリサーチしていると、「リスティング広告」という言葉を必ず目にします。このリスティング広告と、PPC広告との違いはどこにあるのでしょうか。これを理解するには、まずPPC広告が「検索連動型広告」と「コンテンツ連動型広告」の2種類に大きく分けられることを知っておく必要があります。

検索連動型広告コンテンツ連動型広告
概要「Google」や「Yahoo!」などで検索したときに、検索結果画面の上部に表示される広告。広告主が設定したキーワードで検索された場合に広告が表示されるサイトやSNSの広告枠に表示される広告。サイトのジャンル、ユーザーの属性や行動履歴に連動して広告が表示される。
主な広告・Google広告
・Yahoo!広告
・Googleディスプレイネットワーク
・Yahoo!ディスプレイ広告
・SNS広告

リスティング広告は、検索連動型広告の別名です。つまり、リスティング広告はPPC広告の種類のひとつになります。

PPC広告のメリット5つ

いくつかのWeb広告がある中で、PPC広告を利用するメリットはどこにあるのでしょうか。ここでは、主なメリットを5つご紹介します。

高い費用対効果が期待できる

高い費用対効果が期待できるのは、PPC広告のメリットのひとつです。PPC広告は、ユーザーが興味を持って広告をクリックしないと費用が発生しません。つまり、自社の商品やサービスに興味のあるユーザーにターゲットを絞れるのです。

そのため、無駄なコストをかけることなく、効率的に売り上げが伸ばせます。また、リスティング広告は、商品やサービスと関連性の高いキーワードで検索したユーザーにだけ表示されるものです。これを利用すれば、より高い費用対効果が期待できます。

広告の停止や修正がリアルタイムで可能

雑誌などの紙媒体やテレビなどの電波媒体の広告は、効果が思うように出なくても、すぐに停止したり、修正したりできません。そのため、無駄な広告費をかけてしまうことがあります。

一方のPPC広告は、思うような効果が出なければ、すぐに停止が可能です。また、修正もすぐに行えるので、細かに改善を繰り返して運用ができます。

正確な効果測定ができる

PPC広告は、ユーザーの反応が把握できるため、正確な効果測定が可能です。表示回数に対して何回クリックされたか、クリックしたユーザーのうち何人が商品を購入したかなどが、すべて数値として可視化されます。

これらのデータを解析しながら、タイトルの変更や広告内の文言の改善が行えます。そうすることで、より費用対効果の高い運用ができるのです。

低予算でも運用ができる

広告は多額の予算が必要になるイメージがあります。実際にテレビや新聞に広告を出すには、数百万〜数千万円の費用が必要です。そのため、予算に限りがある中小企業では広告を出すこと自体が難しいでしょう。

しかし、PPC広告は低予算でも運用が可能です。キーワードによって1クリック数十円で広告が運用できます。また、クリック単価の上限も設定できるので、予算の範囲に広告費を抑えられます。

SEO対策よりも即効性が高い

自社サイトへのアクセスを増やす施策にSEO対策があります。SEO対策は、自然検索結果の上位表示を狙うために、検索エンジンからの評価をあげる方法です。この施策がうまく行けば、広告費をかけずにアクセスの増加が見込めます。

しかし、効果が出るまでに最低でも数ヶ月はかかってしまうのです。PPC広告は、広告費をかけて出稿をすればその日から、ユーザーの目に留めてもらうことができます。すぐに効果を出せるのも大きなメリットなのです。

PPC広告のデメリット3つ

PPC広告には、メリットだけでなくデメリットもあります。3つのデメリットについて詳しく解説していきます。

キーワードによって費用が高くなる

クリック単価は、キーワードによって異なります。オークション形式で決まるため、競合が多い人気のキーワードは、クリック単価が高くなってしまうのです。当然ですが、成約の可能性が高いキーワードほど人気が高く、単価も上がります。

低予算で運用する場合には、競合の少ないキーワードを選ばなくてはなりません。費用対効果を常に確認しながらの運用が必要です。

広告を運用する人材が必要

PPC広告は、出稿したら終わりではありません。ただ放置しているだけでは、効果が得られずに、広告費の無駄になってしまいます。効果測定を行いながら、改善を繰り返していく必要があるのです。

そのため、広告運用に担当者をつけなくてはなりません。現時点で適任者がいない場合には、社内での育成や新たに採用する必要があるでしょう。

配信を停止すると効果が得られない

広告からの集客だけに頼っていると、配信を停止した途端に売り上げは下がってしまいます。そのため、運用を続けなくてはなりません。

広告運用も重要ですが、SEO対策なども同時に進めておく必要があります。広告で集客できるために、他の集客方法が疎かにならないように注意しておきましょう。

PPC広告を運用するコツ

PPC広告で高い費用対効果を出すには、コツをおさえて運用しなくてはなりません。ここでは、運用を成功させる3つのコツをご紹介します。

適切なキーワードを選定する

PPC広告の運用においてもっとも重要になるのが、キーワードの選定です。ユーザーの考えや行動を予測して、成約の可能性があるキーワードを選ぶことで、費用対効果が高くなります。適切なキーワードの選定ができないと、どれだけ費用をかけても効果は出ないでしょう。

また、成約に近いキーワードであっても、あまりにクリック単価が高いと費用対効果が合わない可能性もあります。競合が気づいていないニッチなワードでありながら、成約の可能性があるものを見つけられるようにしましょう。

クリックされるタイトルを考える

広告が表示されても、ユーザーにクリックされなければ、効果が出ることはありません。そのため、ユーザーを惹きつけるタイトルを考える必要があります。ユーザーのニーズを掘り下げて、ターゲットの心に刺さる文言を見つけ出しましょう。

また、クリック率などを確認しながら、タイトルを改善していくことも大切です。ABテストを繰り返すなど、どの文言を入れればユーザーが反応するかを見極めるようにしてください。

ランディングページの質を高める

ユーザーを自社の商品やサービスのランディングページにアクセスさせるのが、PPC広告の役割です。そこから成約につなげるためには、ランディングページの質を高めておく必要があります。

商品やサービスの魅力が伝わらないようなランディングページでは、せっかくアクセスしたユーザーが離脱してしまいます。費用対効果を上げるためにも、ランディングページの作成には力を入れて取り組みましょう。

広告運用代行サービスへの委託について

PPC広告は、運用代行サービスに委託が可能です。自社でも運用できますが、知識や経験がある人がいなければ、思うように成果が得られません。そのため、PPC広告の運用が初めてで、やり方がわからないときには、運用代行サービスの利用を検討しましょう。

運用代行サービスへ依頼をすれば、次の業務を委託できます。

  • アカウントの開設
  • KGIやKPIの策定
  • キーワード選定
  • 入稿
  • 入札
  • 予算と進捗の管理
  • レポート作成
  • 改善の提案

これらは、広告運用に関わるすべての業務です。つまり、運用を丸投げできます。ただし、KGI・KPIの策定については、自社の希望や意見も代行サービスに伝え、認識を擦り合わせておきましょう。

また、すべてを任せるのではなく、一部の業務だけを委託することも可能です。自社で担当する業務を作れば費用が抑えられます。また、社内に知識やスキルを溜められるので、将来的に自社での運用が可能になるでしょう。

広告運用代行サービスの費用相場

広告運用代行サービスの費用相場は、一般的に広告費の20%と言われています。ただし、あくまで相場であり、代行サービスによって異なるので注意が必要です。

また、月額予算が少額の場合は比率を上げる、月額予算が高額な場合は比率を下げるという代行サービスもあります。ほかにも、月額予算30万円以上でなければ仕事を受けないと決めているケースもあるので、依頼する前に確認が必要です。

広告運用代行サービスで確認すべきポイント

運用代行サービスを選ぶときには、どのような点を確認すれば良いのでしょうか。ここでは、代行サービスを選ぶポイントについてお伝えします。

手数料以外の費用について

先ほどもお伝えしたように、広告運用の手数料は一般的に広告費の20%が相場です。そのため、代行サービスによって費用が大きく異なることはないでしょう。ただし、運用手数料の他に、初期費用や成果報酬を別で設定している場合があります。

運用手数料以外に費用がかかる場合は、それらも考慮して考えておかなければ、赤字になる可能性もあります。費用については事前にしっかりと確認しておきましょう。

報告の方法と頻度

代行サービスから、どのように結果の報告がされるのかも、確認しておきましょう。一般的には、レポートで報告されることが多いです。日別レポート、キーワードレポートなど、いくつかの種類のレポートを定期的に報告してくれます。

代行サービスによってフォーマットが異なるので、事前に見せてもらっておくと良いでしょう。また、報告の頻度も大切です。週1回、2週間に1回など希望の頻度があれば、代行サービスに伝えておくようにしましょう。

ランディングページ制作が可能か

広告の運用だけでなく、ランディングページの作成をしてくれる代行サービスもあります。制作を請け負っている代行サービスは、社内で制作スタッフを抱えていることが多いため、経験やスキルが十分にあるはずです。

また、運用結果を解析しながら改善も行ってくれるので、運用すればするほど費用対効果の向上が期待できます。ただし、ランディングページの制作は別途費用が必要です。コストが高くなるので、自社の予算を考慮して検討しましょう。

契約期間について

代行サービスによって、最低契約期間が決まっています。1ヶ月ごとの契約が可能な場合もあれば、最低半年、1年などと設定している場合もあります。思うような成果が出なくても、原則として契約期間中の解約はできません。

契約の内容にもよりますが、解約する場合は違約金が発生することもあります。まずは短期的に運用してみるのか、最初から長期的な戦略をもって運用するのか、自社の目的に合った契約ができる代行サービスを選びましょう。

PPC広告の運用は代行サービスへの委託がおすすめ

PPC広告は手軽に低予算ではじめられ、高い費用対効果が期待できるマーケティングのひとつです。多くのメリットがあり、さまざまな商品やサービスの広告に活用できるでしょう。デメリットもありますが、ここでお伝えした運用のコツなどを参考にすれば、良い結果が得られるはずです。

ただし、会社によってはPPC広告のやり方がわからない、業務の負担が大きいなど、経験がなく不安というケースもあるでしょう。その場合は、広告運用代行サービスの利用がおすすめです。広告の出稿から運用までを任せることができ、より高い効果が期待できます。

弊社アスライトは、Web広告の運用を代行いたします。アカウント設定から出稿、運用に関わる業務の代行が可能です。ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

弊社アスライトでは、
広告運用で使用できる補助金・助成金の申請サポートを行っております。
「興味はあるが時間がない/ノウハウがない」とお困りの方、
まずは無料診断を受けてみませんか。