祇園祭のもう一つの祭典。山鉾巡行を支える「作事三方」の人と技 【祇園祭シリーズ〈縄がらみ〉】

昨日、祇園祭を見に行ってきた。通常なら7月17日は、前祭りの山鉾巡行の日。しかしながら、新型コロナウィルスで昨年、今年は中止。その代わりに山鉾町の代表者が徒歩で八坂神社の四条御旅所を目指し「拝礼行列」を行った。 通常17日は、山鉾巡行のあとすぐに山鉾は解体され後祭りにつなげていくのだが、今年はこの日、車輪とタペストリーが外され、翌日の18日に一斉に山鉾が解体されていく。その山鉾の骨組みがむ...

【漁業】で事業再構築補助金は利用できるのか

今回は、漁業で事業再構築補助金は利用できるか解説したいと思います。 漁業をしている方の中には「事業再構築補助金は利用できないのか」と、気になっている方も多いかと思います。結論として「事業再構築補助金は漁業にも利用はできるものの、一部制限されている」となります。今回は事業再構築補助金を漁業で利用するための方法と、ビジネスモデルを解説していきます。 事業再構築補助金は漁業でも利用できる。...

絹糸で色を奏でる日本刺繍の美しさ

刺繍打敷の工房で、日本刺繍の製作現場を見せていただいた。お寺でよく見かける、卓の天板の下にはさむ敷物。この敷物の修復している、京都ならではの工房、和光舎の三条店におじゃました。 大きなモノはパーツごとに刺し、それを一枚の厚めの布地にまとめる。写真のものがそうである。同工房は修復がメイン、長年使うと糸が擦れ切れてしまうのでお寺からの修復の依頼が多い。たまに祇園祭や時代祭りなどの刺繍美術品など...