【動画マーケティングとは?】メリットや効果的な活用方法を解説!

0
249

動画マーケティングとは、映像を使って商品やサービスを宣伝するためのマーケティング手法の一つです。動画広告の目的としては主に、「商品やサービスの認知」「購入促進」「ブランディング向上」などがあります。近年では、SNS普及に伴い、動画マーケティングを活用する企業が年々増えています。

「どういったマーケティング効果があるの?」「どんな動画広告を作ればいいの?」と悩まれる方も少なくありません。
本記事では、「動画マーケティングの効果やメリット」「動画制作の事前準備3ステップ」「動画制作の3つのコツ」「制作依頼は自社とプロどっちがいいの?」などを解説しています。

【動画マーケティングの効果やメリットは?】

動画マーケティングには、静止画や文章にはない、動画広告ならではのメリットがたくさんあります。

次にメリットを6つご紹介します。

メリット1.情報量は静止画の約5000倍!

動画広告の一番のメリットは、短時間でたくさんの情報量をきちんと伝えられるところです。情報量があるということは、商品を最大限にアピールすることが可能。そのおかげで、商品の魅力が直観的に伝わり、ユーザーに興味を持たせることができます。

メリット.2誰が見ても理解しやすく記憶に残る

映像は音と動きで、「聴覚」や「視覚」に訴えかけるので記憶に残りやすいです。また、文字だけだと子どもや外国人には分かりづらいことでも、映像だと誰が見ても理解しやすいのが利点です。加えてイメージがしやすいので、購買意欲を高めることができます。

メリット3.自然と拡散することがある

制作側が意図していなくても、自然とユーザーが広めてくれる可能性があります。特にインパクトのある動画などは、SNSで拡散されたりすると認知度が一気に上がることも。そのおかげで、さらに「ブランディング効果」が高まり、売上向上につながります。

メリット4.狙ったターゲットに向けて配信できる

ターゲットを絞って、宣伝ができることも動画マーケティングの強みです。あらかじめ、興味がある視聴者に向けてアピールすることができます。すると、購入を検討している最後の一押しとなり、コンバージョン率(商品の購入や契約)が期待できます。

メリット5.データを分析できる

ツールを使うことで、動画マーケティングの成果を分析することが可能です。例えば、「クリック数」「視聴時間」「アクセス数」「購買率」などの数値データが分かります。そこで、改善部分が明確になり、マーケティング効果をさらに高めていく動画広告ができます。

【動画制作の事前準備3ステップ】

いざ、動画広告を作ろうと思っても、「どんな動画広告を作ればいいの?」と悩む方も少なくありません。まずは、動画の内容を決める前の作業をしっかり準備しておきましょう。

ステップ1:目的を決めよう

まず、「自社の課題は何だろう?」と目的を明確にしていくことが大事です。例えば、「ブランディング向上」や「商品の認知」「集客」「購入促進」など、何をゴールにするかを決めましょう。そうすることで、ぶれることがなく、動画の方向性の軸ができます。

もし、いくつか候補がある場合は、優先順位を付けてから順番に制作しましょう。動画広告は基本、「一つの目的に一つの動画」が鉄則です。なぜなら、色んな要素を詰め込みすぎると、かえってユーザーに伝わりにくくなるからです。

ステップ2:ペルソナを設定しよう

目的が明確になったら、次はペルソナの設定です。ペルソナとはターゲットをより詳細にした人物像のことです。例えば年齢や性別以外に、「氏名」「家族構成」「住居地」「趣味」「価値観」「ライフスタイル」「悩み」など、細かく設定していきます。

また、ペルソナを設定することで、背後にいるユーザー目線に近づけるので、ニーズに合った商品やサービスのアプローチ方法が明確になります。
さらに、人物像を統一することでチーム内が同じ認識を持てるので、効率的にプロジェクトを進めていくことができます。

ステップ3:動画広告の種類を決めよう

動画広告にはいくつか種類があり、それぞれの特徴があります。
主な種類は次の3つです。

・インストリーム広告

YouTubeなどの動画サイト内で流れる広告です。動画広告の中で一番多く使われていて、幅広いユーザーに有効です。

・インバナー広告

Yahoo!などで見られる広告掲載枠に表示される広告です。ターゲットが絞れるので、コンバージョン率が期待できます。

・インリード広告

コンテンツ内をスクロールしている時に自動再生される広告です。コンテンツを読んでいる途中で動画が流れるので、ユーザーの注目を惹きつけます。

【マーケティング効果を出す動画広告の3つのコツ】

それでは、動画広告を作る際にはどういったことを意識していけばいいのでしょうか。

次に、マーケティングの効果を出すポイントを3つご紹介します。

ポイント1.最初の5秒がカギ

最初の5秒で「興味」を持たすことが重要です。なぜなら、初めの5秒はスキップできないことが多いので、自然とユーザーの目に入ります。例えば、ターゲットへの共感メッセージや、ストーリー性で続きが気になる内容にしたり、色々と工夫を凝らしてみましょう。

ポイント2.ペルソナに合った配信先を選ぶ

色んな配信先がありますが、それぞれ特徴は違います。例えば、若い女性なら「Instagram」、若年層なら「TikTok」、幅広くいくなら「YouTube」などと、ターゲットに合った配信先を考えていきます。受容のあるところへ配信することで、動画マーケティングの成果が高まります。

ポイント3.データを分析して改善する

動画マーケティングは、動画広告を配信して終わりではありません。ツールを使って動画広告の計測効果を分析して、改善をしていく必要があります。例えば、「再生回数」「離脱率」「視聴場所」などユーザー層ごとに細かくデータ分析をすることで、さらなる動画のクオリティを目指すことができます。

【動画制作は自社とプロどっちがいいの?】

動画広告はツールなどを使って自社制作するか、フリーランスや制作会社などのプロに依頼するかの選択で悩むかもしれません。それぞれのメリットやデメリットを確認して、自社のニーズに合った動画広告の制作先を考えましょう。

・自社制作

<メリット>
自社制作での一番のメリットは費用削減です。当然ながら外注にすると費用がかかるので、コスト面では助かります。また、社内だと柔軟な対応がすぐにできる利点があります。
<デメリット>
社内に動画制作ができる人材や編集ソフト、撮影機材などは必須になります。加えて、動画制作に詳しくないと、プロのようなクオリティを出すのは難しいかもしれません。

・制作会社依頼

<メリット>
動画制作の知識や経験豊富のプロが作りますので、クオリティの高い動画広告が作れます。さらに、アイデアやマーケティングの助言を受けれることも。また、外注にすることで社員の負担が減ります。
<デメリット>
自社制作よりコストがかかります。動画広告の制作費用は、およそ数十万円~の費用がかかります。費用面が心配なら、補助金が使える場合がありますのでチェックしておきましょう。

【まとめ】

今回は「動画マーケティングの効果やメリット」「動画制作のステップ」「動画制作のコツ」「制作は自社かプロか?」について解説しました。近年の企業戦略の中でも、動画マーケティングは欠かせない一つの手法となってきております。今後も市場は拡大していくでしょう。
まずは、自社の課題を明確にしていくことから初めてみてはいかがでしょうか?
本記事を参考に動画マーケティングに取り組んでみてくださいね。

アスライトでは、さまざまな動画制作を行っております。マーケティングやSEO対策などのサポートに加えてタイトル、サムネイルや概要欄の書き方までアドバイスします。

また、補助金・助成金の代行サービスも行っていますので、同時に依頼していただくとでさらなるコストカットになります。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。