滝を登る鯉が、龍になって天高く。   A carp climbing a waterfall becomes a dragon and flapping high.

0
582

今日は「端午の節句」。男の子の健やかな成長を祈願する日である。
毎年、私の地元の川にも多くの「鯉のぼり」がたなびく様子を見てきた。しかしながら、緊急事態宣言中なのか、今年は天に舞う姿はなかった。
写真は、昨年、その川に掛けられた鯉のぼりの様子であるが、風が通る道にたなびく姿は、天に向かって昇る龍のように見える。

Today is “Tango no Setsuku Festival”. It is the day to pray for the healthy growth of the boy.
Every year, I saw many “carp streamers” fluttering in my local river. However, it was during the declaration of an emergency, and this year there was no figure in the sky.
The photo shows a carp streamer hanging on the river last year, but the shape of the stream flowing through the wind looks like a dragon rising toward heaven.

では、なぜ、端午の節句に鯉のぼりを飾る風習については諸説あるようだが、やはり有力説は中国の故事に習ったことが始まりのようである。激しい滝を登る鯉が龍となって天に登った「登竜門」という伝説の中から引用されたようである。また、鯉は清流のだけではなく、沼でも池でも生きられる生命力の強い魚ということも大きな理由なのかもしれない。

Then, there seem to be various theories about the custom of carp streamer decorations in the festival of Tango-no- Setsuku, but the prevailing theory seems to be the beginning of what was learned from the Chinese incident. It seems that it was quoted from the legend called “Dragon Gate” that a carp climbing a fierce waterfall became a dragon and climbed to sky. Another reason may be that carp is not only a clear stream, but a fish with strong vitality that can live in swamps and ponds.

残念ながら、今年は見ることはできないが、男の子をもつ家庭では、これからの成長を楽しみにお祝いをされていることだろう。

Unfortunately, we can not see the carp streamers this year, but a family with boys will probably be celebrating in the future.

レポート & 写真 /  渡邉雄二

Reported & Photo by Yuji Watanabe

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ