奥の院、まさに自然界曼荼羅。 【高野山シリーズⅡ】 Oku-no-in, the very natural mandala. [Koyasan Series II]

0
785

高野山はご承知のとおり、唐の都・長安で真言密教の教えを受けた弘法大師空海が816年に開創したところ。2004年に世界遺産に登録された日本を代表する山上聖地である。
今回は電車とケーブルカーを利用して登った。ケーブルカーの高野山駅からバスで金剛峯寺へ、そして奥の院を目指した。終点の奥の院前の2つ手前の奥の院口で下車、目指す弘法大師御廟まで歩いて2キロという一つ橋から杉の木に囲まれている参道を歩いた。

As you know, Mt.Koya was founded in 816 by Kobo Daishi Kukai, who was taught by Shingon esoteric Buddhism in the capital of Tang, Chang’an. It is a sacred place on the mountain that represents Japan and was registered as a World Cultural Heritage Site in 2004.
This time I used a train and a cable car to climb. From Koyayama Station of the cable car, I took a bus to Kongobu-ji Temple and then toward Okunoin. We got off at Okunoin-guchi, two stops before Okunoin, which is the last stop, and walked to the Kobodaishi Mausoleum that we were aiming for.

この参道に入ると、山の聖地を思わせる空気を肌で感じる。天に伸びる樹齢数百年の杉木立の樹海の空気である。参道の左右には、戦国時代の武将の供養塔が並ぶ。「中の橋」を渡りさらに「御廟橋」を越えるといよいよ高野山の奥之院弘法大師御廟がある。
奥の院に到着するまでに身が清められていくようである。
自然界の曼荼羅をこの目で見たようだった。

When you enter this approach, you can feel the air reminiscent of a sacred mountain site. It is the air of a sea of trees that grows in the heavens and is made of cedar trees that are several hundred years old. On the left and right of the approach are memorial towers of warlords during the Warring States period. Cross the “Nakano Bridge” and further cross the “Mausoleum Bridge” until you reach the Okunoin Kobo Daishi Mausoleum of Mt. Koya.
It seems that l will be cleansed by the time l arrives at Okunoin.
It was as if I saw the mandala of nature with my own eyes.   

レポート & 写真 /  渡邉雄二

Reported & Photo by Yuji Watanabe

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ