極楽浄土の庭にのっぽビル

0
33

大阪 四天王寺の日本庭園にある和松庵から極楽池を臨む風景は他に類をみない美しさがある。

東には、明治36年に開催された第五回内国勧業博覧会の際、小奏楽堂として建てられ
た西洋建築様式の「八角亭」が見える。また中央には徳川秀忠によって再建された湯屋
方丈の家屋があり、庭園全体が「極楽浄土の庭」と称されている。

写真(下段)の中央のハルカ彼方にのっぽビルが霞んで見える。これを借景とするなら
極楽浄土の世界と厭離穢土(おんりえど/穢れた国土)の世界が混在しアンバランスに見える。

画像1

しかしながら、私の勝手な理屈を言わせてもらうなら、この庭園は、現世の苦悩や欲を経てたどり着いた極楽浄土の地に例えられないだろうか。そんな景色を想像してしまう。

リポート&写真/ 渡邉雄二