菊は、日の出ずる国家の象徴の原型!

0
390

一年の最後に咲く花は「菊」。菊は、私にとっても馴染みの深い花である。
子どものとき、父親がいつも庭で菊の手入れをしていたのをよく覚えている。年一度の尾道千光寺公園での菊人形大会の大輪菊などの展覧会に父親が出品していたこともあり日常の中に菊があった。

また、仕事では1990年の「花の万博」が大阪で開催されたとき、NHKの仕事で「花コンテスト」の放送原稿を書く仕事をしたことで花への関心度がさらに強くなった。
その後、生け花の稽古をする機会に恵まれ、そして自宅の木の剪定にまで手を出し庭師気取りで楽しませてもらった。そのお陰だろうか、いまでも花や木を見ると心が高鳴る。

先日、鶴の話を書いたとき、写真の2羽の鶴の上に実は「菊花の御紋」が描かれている。それを見たときに「菊花紋」の美しさに惹かれ、その謂れを調べてみた。菊花紋は、延命長寿の効用がある延命草とも呼ばれる菊を原型に、花弁が放射状に並んでいることから日の光にも例えられている。それが理由に日の出ずる国家の象徴としての花になったようだ。それで、国家の象徴である天皇家のシンボルとして創作されたという。
この菊花紋が正式に皇室の紋章となったのは、鎌倉時代の後鳥羽上皇のとき。さらにそのあと、明治22年に菊花の中心にある円の直径と菊花全体の大きさの割合などが定義された。その後、大正15年に発布された皇室儀制令により菊の花は16葉、その花弁は八重菊の複弁とし、そして弁の端の弧は32と定められた、と記されてあった。
正式には「十六弁八重表菊紋」というらしい。ちなみにパスポートの表紙にある御紋は、八重ではなくて「十六弁一重表菊紋」といい少し異なるもののようだ。

画像1

9月は、旧暦でいうと「菊月」と呼ばれていた。9月9日を重陽の節句というが、別名「菊の節句」ともいう。菊花の宴で邪気を払い長命を祈った。
「吉祥の鳥」である鶴と一緒に描かれている菊花紋は「吉祥文様」といわれている。写真にある図柄を見ていると鶴や菊への愛着が湧いてくる。

リポート&写真/ 渡邉雄二

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ