高野山の老杉、いまは門戸厄神で延命魂として

0
1016

関西の阪神間に在住する者にとって厄除け厄払いは「門戸厄神」という定説があるほど有名な寺院がある。日本三体厄神の一つで、あらゆる災厄を打ち払う厄神明王が祀られている。正式名称は高野山真言宗で松泰山東光寺(兵庫県西宮市)という。

門戸厄神1

その境内に巨大な樹木の根っこが展示されている。「延命塊」といわれるものである。
高野山奥の院、弘法大師御廟近くの参道にあった、高さ60m、樹齢800年の老杉の根っこ。生命をまっとうした杉根を高野山金剛峯寺よりここ門戸厄神東光寺へお下げされたものである。

延命魂3
延命魂2

この木は永い間、多くの人々の祈りと神仏の魂がこもった霊木といわれ、延命や病気平癒にご利益があるとされている。見ての通り、数々の年輪の流線が永い年月を生きた証として存在する。そして、いまも神仏の魂がやどり救いの霊木として生き続けている。

門戸厄神写真
東光寺HPより転載

※この記事は2017年6月「心と体のなごみブログ」に掲載したものを加筆し転載

リポート & 写真 / 渡邉雄二

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ