“うつくしまつ”。 なんてよい響き! 【松 シリーズⅣ】 Utsukushimatsu”. What a good sound!

0
228

京都 四条通から花見小路通りを南に下がると、京都の最古の禅寺「建仁寺」がある。その建仁寺塔頭である大中院の門前に珍しい樹木がある。花見小路通りに面しているので、建仁寺の行きかえりは必ず通るのだが、残念ながら気づいたことがなかった。

Go south from Kyoto Shijo-dori along Hanamikoji-dori to find Kennin-ji, the oldest Zen temple in Kyoto. There is an unusual tree in front of Daichu-in Temple. Because it faces Hanami Koji Street, the return to Kennin-ji is sure to pass, but unfortunately I never noticed it.

昨年、たまたま大中院の前を通りかかった折に、庭師の方が、その珍しい樹木を剪定されていた。足が止まり何気なく声をかけた。
「この樹は、何ですか?」
「松ですよ」 という返事が返ってきた。
「え、これが!」
いままで見たことのない松である。
「赤松の一種です。たしかに少ないかも。滋賀県の湖北には多いですよ」 ということだった。
名前を聞くと、”うつくしまつ”という返事が返ってきた。
「どんな字を書くのですか?」
返ってきた答えが「美松」だった。これがなんと “びまつ・みまつ・びしょう” とは呼ばないらしい。“うつくしまつ”という。なにて響きのよい粋な名前なんだろう、と感動したことを覚えている。

Last year, a gardener was pruning the rare tree when l happened to pass in front of Daichu-in. My foot stopped and l called casually.

“What is this tree?”
A reply saying “It’s a pine” returned.
“Eh, this is it!”
A pine that I have never seen before.
“It’s a kind of red pine. It may be few. There are many in Kohoku in Shiga Prefecture.”
When I heard the name, I got a reply saying “Utsukushimatsu”.
“What kind of character do you write?”
The answer was “Mimatsu”. It seems that this is not called “bimatsu / mimatsu / biso”. It is called “Utsukushimatsu”. I remember that I was impressed by what it sounds like and a lovely name.

うつくしまつ / Utsukushimatsu 

調べてみると、滋賀県の湖北にある美松山の斜面に群生する、きわめて珍しい松ということである。劣性遺伝による変種といわれ、国の天然記念物に指定されている。ご覧のとおり、根本近くから枝が放射状に分岐した樹形。まるで扇か傘のよう。
通常の荒々しい松に比べ、しなやかで優美な樹形は花街の艶やかさにしっくりくる。

When l look up that it is an extremely rare pine tree that grows on the slope of Mt. Mimatsu in the northern part of Shiga Prefecture. It is said to be a recessive inheritance and is designated as a national natural monument. As you can see, the tree shape has branches branching radially from near the root. It’s like a fan or an umbrella.
The supple and graceful tree shape is more graceful than the rugged pine.

レポート & 写真  /  渡邉雄二

Reported & photo /  Yuji Watanabe