一枝の春

0
44
一枝 梅 春

この季節になると
一輪一輪と枝を彩るかのように咲く花、白梅。
そして、香る紅梅。

梅は中国の花、江南地域が原産地とされている。
その地で詠われた詩がいまの世にも継がれている。

その詩は「一枝の春」。
                  
折花逢驛使 
寄與隴頭人 
江南無所有 
聊贈一枝春 

ひと枝折って 駅使に託す
隴山(ロウザン)のふもとのあなたへ
江南に良きもの無し
ただあるは「一枝の春」、いま贈らん。

作者は、江南地域に住む陸凱(リクガイ)という人。
北方にいる友人のもとに、何か贈り物をしたいが、何もない。
そこで思いついたのが梅の花を折って、この詩とともに贈った。
それを「一枝の春」と表現した、といまに伝えられている。

そんな詩を想い浮かべながら、春の陽射しを心待ちに―

梅3

レポート & 写真 /  渡邉雄二