日本の伝統干菓子「和三盆」の魅力 【雑感】 The charm of Japanese traditional dried sweets “Wasanbon”

0
228

「和三盆(わさんぼん)」と「落雁(らくがん)」が、形状や色、セットごとに可愛らしい引出しに入れられ飾られていた。ともに日本の独特の干菓子である。食する機会は稀だが、お茶と合わせていただくと絶妙なバランスを生む。和三盆の味わいは、上品でまろやかな自然の甘みで、口どけがよいのは言うまでもない。とくに深蒸し茶との味のバランスは絶妙である。

“Wasanbon” and “Rakugan” were displayed in cute drawers for each shape, color and set. Both are unique dried sweets in Japan. Opportunities to eat are rare, but when combined with tea they create an exquisite balance. Needless to say, the taste of Wasanbon is elegant and mellow, with a natural sweetness and good mouthfeel. In particular, the balance of taste with deep steamed tea is exquisite.

その和三盆は、ご存知のように砂糖の一種で、落雁や羊羹などの高級和菓子に主に使われている。と同時に干菓子としても親しまれている。和三盆は落雁と混同されることもある。和三盆は、砂糖のみで型に押し固めたものなのに対し、落雁は、米や麦・大豆などの粉と砂糖を混ぜて固めたものである。

As you know, Wasanbon is a kind of sugar that is mainly used in high-end Japanese sweets such as rakugan and yokan. At the same time, it is also popular as dried sweets. Wasanbon is sometimes confused with a rakugan. Wasanbon is made by pressing sugar into a mold, while rakugan is made by mixing powdered rice, wheat and soybeans with sugar.

では、和三盆はどのように造られているのかというと、ほぼ徳島県や香川県産の竹からとる高級砂糖である。竹糖と呼ばれる種類を使い伝統的な絞り製法で、黒砂糖から雑味を取り除く。それにより、まろやかな甘み、独特の風味が生み出されるという。

Then, how is the Wasanbon made? It is a high-grade sugar from bamboo from Tokushima and Kagawa prefectures. Using a type called bamboo sugar, a traditional squeezing method is used to remove unpleasant taste from brown sugar. The result is a mellow sweetness and unique flavor.

味も形も日本の伝統的な要素をもっている。ご承知のとおり、お茶席の菓子として、また日常ではお茶のお供に食べたりする。よく行く京都の和菓子屋さんの店頭には、かなりのスペースを割いて和三盆と落雁が置かれている。展示方法にしても、ご覧のとおり、引出しに入れ可愛いらしさを演出している。とくに京都では今もなお人気の和菓子の一つになっている。

Both taste and shape have traditional Japanese elements. As you know, it is often eaten as a confectionery for a tea ceremony or as a tea accompaniment. At a Japanese confectionery shop in Kyoto, where a lot of space is available, Wasanbon and rakugan are set aside. Regarding the exhibition method, as you can see, it is drawn into a drawer to create a cuteness. Especially in Kyoto, it is still one of the popular Japanese sweets.

店主曰く、いまは海外からのお客様や若い女性の方々に喜んでいただいている、という。(新型コロナウイルス拡大以前の取材) さらに、店主が言うには、若い女性のお客様はだいたい口を揃え “かわいい” というらしい。若い女性が好きな「かわいい文化」の領域に和三盆も入ってきているのかも。

The store owner said customers from overseas and young women are now pleased. (Interview before the expansion of the new coronavirus) Furthermore, shopkeepers say that young female customers generally have mouths that are “cute”. Maybe Wasanbon is also entering the position of “cute culture” that young women like.

レポート& 写真 / 渡邉雄二

Reported & Photoed by Yuji Watanabe