貴重なツーショット! 顔も仕草も同じ。

0
340
土田ひろみ 土田善太郎

数年前、偶然にもこんな写真を撮ることができた。
見てのとおり、おじさんのツーショットである。それも同じポーズで写真に納まっている。どうみてもよく似ている、と思われるだろう。双子さんなのである。

以前、夙川ソーシャルカレッジで「七宝焼きワークショップ」で登場いただいた七宝作家の土田善太郎さんと、その弟さんである土田ひろみさん。そもそも善太郎さんと知り合ったのは、路上で声をかけたことが始まりである。

弟さんのひろみさんとは、20数年前にあるスポーツ用品メーカーのコマーシャル撮影で何度かハワイに一緒したことがきっかけで、今でもお付き合いをさせていただいている。土田ひろみさんは、著名な写真家である。
当時、ハワイで一緒しているときに、「兄貴が西宮で七宝焼きのアトリエをもっているよ」と聞いていた。冗談に「双子だからよく似ているんだよな~」って。

それを覚えていたお陰で、数年前に夙川周辺でお兄さんの善太郎さんを見かけたとき、ひと目みて “この人だ” と。ひろみさんが言っていたよく似たお兄さんに間違いないと思い、とっさに声をかけた。それから縁は異なものでお付き合いが始まった。

ある日、アトリエに顔出すと、弟さんのひろみさんが来ておられた。久々の再会である。大阪芸術大学の客員教授をされているので月に2回くらいは来阪ということであった。ソファーに座って昔話から始まり話題はどんどん広がっていく。

土田ひろみさんは、コマーシャル撮影の写真家ではない。ドキュメンタリー作家として世界を歩いた人である。その中で特に強く土田ひろみを世に出した作品がある。1975年ごろから「ヒロシマ」の原爆をテーマにした記録撮影が話題を呼んだ。
この「ヒロシマ」は、三部作から構成されていて、第一部が「ヒロシマ1945~1979」。第二部は風景「ヒロシマ・モニュメント」。そして資料編として「ヒロシマ・コレクション」がある。

この第三部は、広島平和記念資料館の収蔵、寄託された被爆資料を撮影したものである。その「ヒロシマ・コレクション」が今回、大阪で開催されるにあたり、お兄さんのアトリエに来ておられた。
昨日会った時も首からコンパクトな一眼レフを提げておられた。むかしから標準レンズだけでとり続けている人である。だから、被写体に一歩も二歩も近づき、微笑みかける。そしてシャッターを切る。そんなスタンスで世の中をとり続けている写真家さん。

久しぶりにお会いして、あの微笑みは変わってなかった。尊敬する写真家であり、よき大先輩。おふたりに乾杯したくなった。

土田兄弟2

【写真は、向かって右が土田ひろみさん、左がお兄さんの土田善太郎さん】

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ