文盲の方とって、「絵心経」は御仏の慈悲そのもの。

0
173
絵心経

和紙に13仏と鳳凰、そして般若心経を添えた13仏曼荼羅制作にかける創造力やチャレンジ性には驚かされる。その方の他の作品がまた驚く。ご覧の通り大日如来像を中心に、その下にいま風の絵文字のようなものが描かれている。

実は、これが「絵心経」といわれるものである。江戸時代に字が読めなかった人たちのために般若心経の文字を絵で表現したものである。それを見ると、当時の庶民が使う日常のモノを絵にしている。それがユーモラスに表現されているのに驚かされる。
例えば、摩訶般若波羅蜜多心経の出だしの「摩訶」は釜を逆さに描いて”まか”と読ませている。「般若」は”般若の面”、「波羅」は”腹”、「蜜」は”箕(農具)”、「多」は”田んぼ”、「心経」は”神鏡”などお絵描き、言葉あそびのように様々な楽しい工夫がされている。文盲の方たちが御仏の慈悲にすがるために、この「絵心経」が広まり親しまれたようである。

絵心経1

一連の作品を描いている方は、教室ではあまり作業をされない。何を描いていいかわからないから、と。和紙と題材を提供し、その方の自主性に任せている。実に見事なものを描いて持参される。因みに70代の半ばの女性である。
お一人お一人の個性が発揮され、自分の暮らしに “感謝” や “目標” “喜び” が生まれてくるなら嬉しい限りである。

レポート & 写真 /  渡邉雄二 仏画 & 絵文字制作 /  神戸教室の生徒さん