補助金の仕訳はどうする?消費税返還についてや会計処理をするときの注意点も!

0
243

「補助金の仕訳ってどうするの?」
「受給のタイミングによって違うの?」
「なんか、よく分からない」
などと、悩まれる方はたくさんいらっしゃいます。

補助金などを活用されている事業者の方は多いですが、申請内容や会計処理などにハードルを高く感じているかもしれません。

本記事では、

  • 補助金の仕訳け方法
  • 消費税返還について
  • 会計処理の注意

などのポイントを分かりやすく解説します。

本記事を読むことで、ややこしい補助金の仕訳について理解が深まります。
ぜひ、最後まで読んでください。

 

補助金の仕訳はどうする?

 

仕訳の方法は「単式簿記」と「複式簿記」の2種類あります。「単式簿記」は家計簿のように収支のみを記載する方法です。一方で「複式簿記」は「借方」と「貸方」という概念を用いて帳簿をつけます。補助金の仕訳は基本的に「複式簿記」が活用されています。

補助金の主な仕訳の内容は次の3つです。それぞれ確認していきましょう。

 

「雑収入」として仕訳する

補助金は本業の売上ではないので、「雑収入」となります。
例えば、100万円の補助金を受給した場合の仕訳は以下のようになります。

借方 金額 貸方 金額
預金 100万円 雑収入 100万円

 

原則的な収入計上時期の仕訳例

補助金は「交付決定通知」が行われた日の事業年度で「雑収入」として計上します。
例えば、第3期中に補助金申請をして、第4期に100万円の交付が確定した場合は、第4期の計上となります。

【第4期の仕訳】

現金預金 100万円
雑収入 100万円

 

例外的な収入計上時期の仕訳例

経費の支払いと補助金の支給確定の期が異なる場合は、「未収入金」として計上します。
仕訳は以下のようになります。

【第3期の仕訳】

経費 50万円 現金預金 50万円
未収入金 50万円 雑収入 50万円

 

【第4期の仕訳】

現金預金 50万円
未収入金 50万円

 

 

補助金を会計処理するタイミングは?

補助金は、申請時から受給するまでに時間を要しますので、決算をまたぐこともあります。
次に補助金の会計を処理するタイミングを確認していきましょう。

申請時

補助金の受給が確定する前なので、申請時点での仕訳は行いません。

確定時

補助金の給付確定後で、受給まで期間がある場合は「未収入金」として仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
未収入金 100万円 雑収入 100万円

 

受給時

確定時に未収入金を計上していた場合は、受給時に「預金」として仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
預金 100万円 未収入金 100万円

 

返還時

返還時には、雑収入を取り消します。

借方 金額 貸方 金額
雑収入 100万円 預金 100万円

 

 

補助金を会計処理するときの注意点は?

補助金の会計処理をする際には、注意が必要なときがあります。
それぞれ、どうするべきかを以下の点をチェックしておきましょう。

 

決算期を跨ぐ場合

補助金の仕訳をするのは、基本的に給付確定後となります。ただ、先ほど会計処理のタイミングでお伝えしたように、受給まで期間があり、決算期をまたいでしまう場合は「未収入金」とします。
決算期をまたいでしまう場合の仕訳は以下のようになります。

借方 金額 貸方 金額
未収入金 100万円 雑収入 100万円

 

そして、受給後には以下の仕訳とします。

借方 金額 貸方 金額
預金 100万円 未収入金 100万円

「未収入金」とは、営業活動以外の取引で発生した債権のことです。したがって、売掛金ではなく「未収入金」として扱われます。また、「未収入金」は代金の回収がは1年以内とされています。

このように、決算期をまたぐ場合には、仕訳の計上が異なりますので注意しておきましょう。

 

法人税は課税対象になる

基本的に補助金などの消費税は非課税となっておりますが、法人税は課税の対象となります。補助金は、「資産の譲渡等の対価に該当しないこと」と国で定められています。ただ、「経費補助金」と「施設補助金」は法人税がかかるので注意しておきましょう。

 

まとめ

今回は、補助金の仕訳け方法から会計処理の注意点などを解説しました。補助金は、種類もたくさんあり仕訳方法もさまざまです。だからこそ少しでも理解していると、いざというときに役立つでしょう。しかし、複雑な内容も少なくないので、困ったときは専門家などに相談するのもオススメです。

弊社アスライトでは、補助金・助成金などの相談を承っております。
面倒な書類作成から申請代行サービスまで全てお任せください。

 まずは、お気軽にお問い合わせをお待ちしております。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ