☆補助金採択実績☆株式会社IGNITE様【大阪府/コンサルタント事業】

0
205
IGNITE様

弊社の採択実績をご紹介します!
大阪府大阪市でコンサルタント業を3年前からスタートされておられる、株式会社IGNITE様です。

業種:コンサルタント業(多言語を使いこなす海外デジタルマーケティングが得意)
従業員数:2人
開業年月日:2019年4月15日

補助事業対象費用 計1,681,000円
・ウェブサイト制作      850,000円
・インターネット広告     500,000円

・空間除菌清浄装置      165,000円
・空気清浄機付き扇風機 2台  154,000円
・非接触体温計          12,000円


1,331,000円の満額受給に成功!

大阪を拠点とし、多言語を使いこなす海外デジタルマーケティングを得意とするコンサルタント企業様です。海外企業や外国人のお客様へ商品やサービスを提供するにあたって必要となるソリューションを提供し、なおかつ、外国人特有の文化や取引に伴うリスクについても深い知識を持ち、クライアント様と新しいお客様との間にたち、国際的な文化の橋渡し役となるよう必要な支援を実施されています。

役員2名様で社員は雇用せず、必要に応じて専門的な知識や技術を持った外部人材と一緒にチームを組んで事業にあたられています。案件によって外部人材を加えたプロジェクトチームを結成し業務にあたるため、案件に応じたスペシャリストでチームを構成。その結果、短期間で良質なサービスを提供することが強みだそうです。
また、お客様のニーズや抱えている課題・問題に合わせて、サービス(多言語翻訳・ローカライズ、Webデザイン)をワンストップで提供できることも強みであり、お客様から好評だと伺っています。

事業内容は主に多言語翻訳・ローカライズ、Webデザイン

多言語翻訳・ローカライズでは、正確さはもとより商品やサービス、地域性に合わせた翻訳を心掛けられていて、案件に応じた翻訳と通訳チームを構成(社内と社外の人材を採用)し、日本語を相手先国の文化にも配慮してその国の言語に翻訳されています。
実績→2020年12月現在、日本国内にある9,400件のレストランメニューを翻訳。各国に在籍する翻訳担当者により、特にメニュー翻訳は24時間以内に100件以上クオリティを下げずに翻訳。外国語教師派遣会社にCRMアプリを紹介することでスタッフの生産性(24時間以内のインタビュー数)を40%向上。
Webデザインでは、企業のWebサイトから1枚で商品の詳細のみを掲載するランディングページまで、経験豊富なデザイナー様が、Webサイトを閲覧する外国人の感性に合うようなWebデザインを作成をされているそうです。外国人の翻訳者を抱えている株式会社IGNITE様だからこそ可能なことだと伺っています。
実績→日本全国に40件以上ある英語プロジェクトのランディングページを再デザインし、成約率を平均15%向上。ニッチメディアブログのSEOコンテンツを最適化し、3ヶ月以内に21,000名以上の顧客候補者を収集。

しかし新型コロナウイルス感染症による影響で売上高減少。元々インバウンド系の仕事がメインだったこともあり、取引先の多くが新型コロナウイルス感染症による影響を受けて閉店や廃業、事業の縮小を余儀なくされ、多くの既存取引先を失い、当社の8月の売上が昨年度と比較して82%減。
また、案件に応じて作業場に集まりチームで作業を行っていましたが、新型コロナウイルス感染症の感染予防のため作業場に集まることができなくなり、密にコミュニケーションを取ることが困難になり、作業効率が著しく低下しました。

補助金を活用して

宣伝のためにのウェブサイト制作 ・インターネット広告・空間除菌清浄装置や空気清浄機付き扇風機の設置、非接触体温計の導入を決められました。

非接触型多言語飲食店メニュー表を使った非対面ビジネスへの転換

多くの取引先はお店や企業であったので、今までは直接経営者や担当者とお会いして商談を進めて仕事を取ることが主流。それが新型コロナウイルス感染症の影響で会うことが不可能となり、ZOOMなどを使ったオンライン商談などに変化。オンライン商談では今までと勝手が違うこともあり、新型コロナウイルス感染症の影響で事業を継続できているお店や企業も新たな投資に消極的に。コロナ前のように仕事が成約できなくなったこの現状を打破してコロナ禍を乗り切るための新サービスを開発。その新サービス開始をきっかけに、今まで対面主体だった営業方法をオンラインを活用した非対面サービスへ切り替えを行って行くことを決意されました。

新サービス【スマートフォンとQRコードを活用した飲食店向けメニューサービス(仮称)
インバウンド対策として、元々数多くの飲食店のメニューを翻訳してきた経験からこのアイデアが生まれたそうです。飲食店は競争が激しいため、かなりのスピードで新商品を開発するお店も少なくありません。飲食店は新メニューを開発する度にメニュー表を一新しなければならず、コストもかかり、ゴミも増えるからとてももったいないと感じられていたとお話しされていました。

withコロナで暮らしが変わる中に飲食店ではこのサービスは日本全国、世界でも需要が見込まれる可能性を持ち、新サービスを販売することで継続的にメニューを翻訳する仕事の受注が見込まれ、メニューの消毒をする時間の削減や新メニューの開発促進につながるサポートも可能。商談から納品まで全てオンラインで完結できるため、非対面でのサービス提供ができ、国や地域に縛られない世界規模で販売できる可能性を秘めたサービスであり、社会貢献も兼ねた新たなサービスを提供できると確信されています。このサービスを知って頂き、飲食店様に導入して頂くことで、人々の暮らしに寄り添い、食べるという生きる為に必要なことをもっと楽しんで頂けるようサポートしていきたいと思っておられます。

弊社アスライトでは、
補助金助成金の申請サポートを行っております。
「興味はあるが時間がない/ノウハウがない」とお困りの方、
まずは無料診断を受けてみませんか。