【2021年度】50人未満でも申請可能!「小規模事業場産業医活動助成金」

0
483

人事担当者の方は、産業医を選任すると助成金を申請できることをご存知ですか?

「小規模事業場産業医活動助成金」とは...
小規模事業場が、産業医の要件を備えた医師と職場巡視、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導等、産業医活動の全部または、一部を実施する契約を締結し、実際に産業医活動が行われた場合に、費用の助成を受けることができる制度
この助成金は、厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環として行われています。

産業医コース・保健師コース・直接健康相談環境整備コースの3つがある
職場で労働者の健康管理を効果的に行うためには、医学に関する専門職が不可欠です。そして、従業員の健康を維持・増進させ、長く働いてもらえる環境を整えることは大切です。また、「働き方改革」が進む近年では、産業医の選任義務が課されていない従業員50人未満の事業場でも、今いる従業員の離職防止や新規採用率の向上、企業のイメージアップなどブランディング向上のために産業医を選任するケースが増えているようです。

産業医と契約し活動を行う〈産業医コース〉の申請要件・助成金額・期間

産業医コースでは、小規模事業場が2017年度以降、産業医と産業医活動の全部または一部を実施する契約を締結し、実際に産業医活動が行われた場合の費用を助成します。

ー助成対象と助成金額ー
産業医と、職場巡視、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導など、産業医活動の全部または一部を実施する契約をした場合に助成します。●1事業場当たり6カ月ごとに10万円を上限とし、2回まで助成します。

ー申請のための要件ー
1.小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること。
2.労働保険の適用事業場であること。
3.2017年度以降、産業医と職場巡視、健診異常所見者に関する意見聴取、保健指導など、産業医活動の全部または一部を実施する契約を新たに締結していること。
4.産業医が産業医活動の全部または一部を実施していること。
5.産業医活動を行う者は、自社の使用者・労働者以外の者であること。

ー助成金を受け取るまでの手続きー
① 産業医と産業医活動の契約
産業医と、産業医活動の全部または一部を実施する契約を締結する。
② 産業医活動の実施
契約に基づき産業医による職場巡視、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導など、産業医活動の全部または一部を実施する。
③ 産業医に対する支払い
産業医に対して、契約に基づき費用を支払う。
④ 支給申請(1回目)
必要な書類(6カ月分の産業医に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。
⑤ 支給決定通知の受け取り、助成金受領
労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。
⑥ 支給申請(2回目)
必要な書類(6カ月分の産業医に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。
⑦ 支給決定通知の受け取り、助成金受領
労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。

ー申請に関する実施期間・申請期間ー
●取組の実施期間(2020年11月~2022年3月)※ 継続する 6 か月の産業医活動実施期間
(助成金の支給対象となる6 か月間)の初月が令和2年 11 月以降、最終月が令和4年 3 月以前 である必要があります。

●助成金の申請期間(2021年5月~)
※ただし、産業医の要件を備えた医師が活動した継続する6か月の産業医活動実施期間の最終月の翌月から6か月 以内に申請してください。
例:産業医活動の実施期間が2020年11月~2021年4月であれば、申請期間は2021年5月~2021年10月
※ 申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了することがありますのでご了 承ください。

保健師と契約し産業保健活動を行う〈保健師コース〉の申請要件・助成金額・期間

小規模事業場が2018年度以降、新たに産業医の要件を備えた医師と「産業医活動に係る契約」(職場巡視、健康診断異常所見者に係る意見
聴取、保健指導等、産業医活動の全部又は一部を実施する契約)を締結し、産業医活動を実施した場合に、費用を助成します。

ー助成対象と助成金額ー
保健師と健診異常所見者や長時間労働者らに対する保健指導など、産業保健活動の全部または一部を実施する契約をした場合に助成します。
●1事業場当たり6カ月あたり10万円を上限とし、2回まで助成します。

ー申請のための要件ー
1.小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること。
2.労働保険の適用事業場であること。
3.2018年度以降、新たに産業医の要件を備えた医師と「産業医活動に係る契約」(職場巡視、健康診断異常所見者に係る意見
聴取、保健指導等、産業医活動の全部又は一部を実施する契約)を締結していること。
4.保健師が産業保健活動の全部または一部を実施していること。
5.産業保健活動を行う者は、自社の使用者・労働者以外の者であること。

ー助成金を受け取るまでの手続きー
① 保健師と産業保健活動の契約
保健師と産業保健活動の全部または一部を実施する契約を締結する。
② 産業保健活動の実施
契約に基づき保健師による健診異常所見者や長時間労働者に対する保健指導、高ストレス者に対する健康相談、健康教育などの産業保健活動の全部または一部を実施する。
③ 保健師に対する支払い
保健師に対して、契約に基づき費用を支払う。
④ 支給申請(1回目)
必要な書類(6カ月分の保健師に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。
⑤ 支給決定通知の受け取り、助成金受領
労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。
⑥ 支給申請(2回目)
必要な書類(6カ月分の保健師に支払った費用の領収書など)を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。
⑦ 支給決定通知の受け取り、助成金受領
労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。

ー申請に関する実施期間・申請期間ー
●取組の実施期間(2020年 11月~2022年3月)
※ 継続する 6 か月の産業保健活動実施期間
(助成金の支給対象と なる6か月間)の初月が2020年11月以降、最終月が2022年3月以前である必要があります。

●助成金の申請期間(2021年5月~)
※ただし、保健師が活動した継続する6か月の 産業保健活動実施期間の最終月の翌月から6か月以内に申請してください。
例:産業保健活動の実施期間が2020年11月~2021年4月であれば、申請期間は2021年5月~2021年10月
※ 申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了することがありますのでご 了承ください。

産業医や保健師に相談できるようにする〈直接健康相談環境整備コース〉
申請要件・助成金額・期間

小規模事業場が、
①産業医と、職場巡視など産業医活動の全部または一部を実施する契約
②保健師と、健診異常所見者や長時間労働者に対する保健指導など、産業保健活動の全部または一部を実施する契約
上記の契約のいずれかに契約した産業医または保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備する条項を含めて締結し、労働者へ周知した場合に助成します。

ー助成対象と助成金額ー
産業医と締結する産業医活動契約、または保健師と締結する産業保健活動契約のいずれかに、契約した産業医または保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた場合に助成します。
●1事業場当たり6カ月ごとに10万円を一律支給。2回まで助成します。

ー申請のための要件ー
〇助成金を受けるための「事業場」の要件
1.小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること。
2.労働保険の適用事業場であること。

ー助成金を受け取るまでの手続きー
①産業医または保健師と産業医活動などの契約
産業医または保健師と締結する産業医活動契約に、産業医または保健師に労働者が直接健康相談できる環境を整備した条項を含めた内容の契約を締結する。
②直接健康相談環境整備の周知
労働者へ産業医または保健師と労働者が直接健康相談できる環境を整備したことを周知する。
③支給申請(1回目)
契約施行開始日から6カ月経過後、必要な書類を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。
④支給決定通知の受け取り、助成金受領
労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。
⑤支給申請(2回目)
1回目の申請対象となった産業医活動など実施期間の最終月の翌月から6カ月経過後、必要な書類を添えて、労働者健康安全機構へ助成金の支給申請を行う。
⑥支給決定通知の受け取り、助成金受領
労働者健康安全機構から支給決定通知が届き、助成金が振り込まれる。

ー申請に関する実施期間・申請期間ー
●取組の実施期間(2020年 11月~2022年3月)
※ 継続する 6 か月の産業保健活動実施期間
(助成金の支給対象と なる6か月間)の初月が2020年11月以降、最終月が2022年3月以前である必要があります。

●助成金の申請期間(2021年5月~)
1回目の申請:継続する 6 か月の産業医活動・産業保健活動、実施期間の最終月の翌月~6か月以内に申請する必要があります。
2回目の申請:1回目の申請対象となった産業医活動・産業保健活動実施期間の最終月の翌月~6か月以内に申請してくだ さい。
例:産業保健活動の実施期間が2020年11月~2021年4月であれば、申請期間は2021年5月~2021年10月
※ 申請期間中でも助成金支給申請の受付を終了することがありますのでご 了承ください。

従業員の健康管理等のために、ぜひ活用してみてください!

弊社アスライトでは、
補助金・助成金の申請サポートを行っております。
「興味はあるが時間がない/ノウハウがない」とお困りの方、
まずは無料診断を受けてみませんか。