【事業再構築補助金】事前着手承認制度を利用するには

0
46
事前着手承認制度

ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い切った事業再構築や新サービスの開始などを支援する、事業再構築補助金。

事業再構築補助金の大まかな流れはこちらです。
①事業計画を立てて申請
②審査後、採択結果発表(補助金を受給できる権利をGET)
③交付決定(補助金の受給決定額が決まる)
④立てた計画通り事業を行う・支払いを済ませる
⑤支給申請をする
⑥審査後、補助金がもらえる

上記の流れからわかるように、原則、計画を立てた事業(設備の購入・工事など)は交付決定後からの着手でないと、補助金の対象外となってしまいます。

そこで「事前着手承認制度」です!!

既に事業計画等が進行しており交付決定後では間に合わないといった方のために「事前着手承認制度」といった特別措置があります。
交付決定前に、事業開始したものも補助金の対象になるといったメリットがありますが、不採択となった場合、補助金がもらえないというリスクも考慮して、この制度を活用するのか検討する必要があります。

事前着手承認制度の申請は?

事前着手承認申請書を記入見本を見ながら記入し、下記アドレスに送信するという流れです。
houkoku@jigyo-saikouchiku.info

申請可能期間は、補助金申請前~採択結果発表までです。

通常、申請から10日~2週間程度を目安に通知があるはずですが、混み合っている場合は2週間以上かかることもあるので、申請を考えられている方は早めに申請しましょう。

弊社アスライトでは、
補助金助成金の申請サポートを行っております。
「興味はあるが時間がない/ノウハウがない」とお困りの方、
まずは無料診断を受けてみませんか。