<2021年度>【キャリアアップ助成金】短時間労働者労働時間延長コース

0
101

短時間労働者労働時間延長コースとは??


キャリアアップ助成金(短時間労働者労働時間延長コース)は短時間労働者の週所定労働時間を延長し、社会保険を適用した事業主に助成されるものです。
有期雇用の労働者の週所定労働時間を延長する時間によって、支給条件や支給金額が変わります。

対象者は??


支給対象になる労働者は、次の①から⑤の条件を満たす必要があります。
また支給対象となる労働者の人数は、5時間以上、5時間未満両方の条件を合わせて、1年度1事業所当たり45人までという制限も有り。

① 支給対象事業主に雇用される有期雇用の労働者などであること
② 週5時間以上所定労働時間が延長されたもの、あるいは5時間未満延長され昇給したもの
③ 週所定労働時間を延長した日の前日から起算して過去6カ月間、社会保険の適用要件を満たしていなかった者であること
④ 週所定労働時間の延長を行った事業所の事業主または取締役の3親等以内の親族以外の者であること
⑤ 支給申請日において離職していない者であること

となっています。

支給額は??


有期雇用の労働者の週所定労働時間を延長する時間によって、支給条件や支給金額が変わってくると先ほどお伝えしましたが、
延長する労働時間が5時間以上か5時間未満で変わってきます。

では支給額を確認していきましょう。


延長する労働時間が5時間以上の場合


短期労働者の週所定労働時間を5時間以上延長し、新たに社会保険に適用した場合、中小企業であれば
1人当たり225,000円が支給されます。

延長する労働時間が5時間未満の場合

週所定労働時間の延長時間が5時間未満の場合は労働時間の延長と社会保険の加入以外に下記の条件を満たす必要があります。

  1. 労働者の手取り収入が減少しないように延長時間に応じて基本給を昇給すること
  2. キャリアアップ助成金(短時間労働者労働時間延長コース)に加えて、キャリアアップ助成金(賃金規定等改定コース)か、キャリアアップ助成金(選択的適用拡大導入時処遇改善コース)を実施すること

こちらの条件を満たすと中小企業の通常の場合で1人当たり最大180,000円が支給されます。

いかがでしたか?

今回は、有期契約労働者等の正社員への転換等をした場合に助成が受けられる【キャリアアップ助成金】正社員化コースをご紹介しました!

非正規雇用労働者の処遇改善に取り組み、労働者の意欲向上を目指し、そして快適なワークライフを送ってもらいたい」とお考えの事業主の皆さま、活用をおすすめいたします。

弊社アスライトでは、
補助金助成金の申請サポートを行っております。
「興味はあるが時間がない/ノウハウがない」とお困りの方、
まずは無料診断を受けてみませんか。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here