ホーム YouTube字幕翻訳

YouTube字幕翻訳

今回はYouTubeのクリップ機能についてどんな機能なのかご紹介します。 クリップ機能を利用するとクリエイターの動画の一部を選択してユーザーと共有することができます。 5秒から60秒の長さのクリップを作成でき、元の動画再生ページで直接ループ再生されます。クリエイター及びログインしている視聴者は、クリップを作成して新しいURL経由で共有することができます。このクリップはソーシャルメディ...
近年、一気にユーザー数が増えている注目のアプリです。そこで今回は、TikTokで広告をだす目的をご紹介します。 広告にはあらゆるSNSがありますが、TikTokを活用する目的があります。 各SNSを紐づけることができる TikTokには、LINEやInstagram、Twitterにシェアでき、投稿しているアカウントにYouTubeやInstagramなどのアカウントに飛ばせる...
YouTube動画に字幕を入れようと考えた際に実際にどのように入れるのか、それぞれの字幕の入れ方についてご紹介していきます。 新しい字幕を作成する 完全オリジナルの字幕を作る方法からご紹介していきます。 作成方法 作成する字幕の言語を選択する新しい字幕を作成するを選択出現したボックス内に文章を入力する動画下のテキストの枠線を左右にドラッグし、字幕の起点と終点をしていする必...
近年ではテレビよりもYouTubeを見て楽しむ方も非常に多くなりました。そんなYouTubeで、動画を作る際に動画内の字幕はどう入れるのかと思った方に、今回はYouTubeの字幕の入れ方をご紹介していきます。 YouTube動画の字幕の表示方法は2つ YouTube動画に字幕を表示させるには大別して2つの方法があります。 自動字幕表示方法 YouTubeには字幕字幕起こし...
動画とSNSを連動させたプロモーションには有利な点がさまざまあります。しかし、実際はどうなのか、どんな特徴があるのかについてご紹介していきたいと思います。 認知度があがる SNSは拡散力が高く、連動することで認知度が上昇します。効率性を求める方や早く広まって欲しいと考えている人にお勧めですSNSの拡散力が高い背景にはしくみだけではなく、利用者の多さも挙げられます 例として、Fa...
動画とビジネスは相性がいいことから具体的にどのようなシーンで活用できるのかを今回はご紹介していきます。 営業やプロモーションにおける商品の説明 動画が一番多く活用されているシーンは営業プロモーションの現場における商品説明です。静止画広告は写真・画像と文章のみなのでどうしても商品の使用感などの実際のイメージがつかみにくいです。動画なら商品の使用シーンや使用手順を再現することができるので...
今回は低評価が及ぼす影響についてご紹介します。 YouTubeの低評価で収益は減るのか 低評価を付けられて収益に影響することはありません。YouTubeで一般的に得られる収益は、バナー広告や動画広告の表示回数などによって決まります。そのため、直接的に低評価が収益に影響を与えることはありません。 低評価されるとどんな影響かあるのか YouTubeの低評価は収益に影響はありま...
前回はYouTubeshortの動画に取り組むメリットについて紹介してきましたが、今回は動画を作る際のコツをご紹介します。 1.自然体でいる YouTubeshort用の動画を撮影する際は、自然体でいることを心がけましょう。YouTubeshort動画では、無作為でリアルな、手を加えられていない動画が喜ばれる傾向にあるからです。はじめは、自分が気に入ったYouTubeshort動画を...
前回はYouTubeshortについてご紹介しましたが、今回は取り組むにあたってのメッリトをご紹介します。 チャンネル登録者数が伸びやすい YouTubeshortの動画は、不特定多数のユーザーいます。その結果、動画やチャンネルを知ってもらう機会が以前より増え、チャンネル登録者数も伸びやすくなっています。short動画ができる前のYouTubeにおいては、チャンネル登録者数を伸ばすに...
YouTubeのshort動画とは、最大60秒までの縦画面で投稿できるYouTubeの新しいサービスです。現在ではスマートフォンからのみ視聴と投稿ができます。今回はそんなYouTubeshortについてご紹介します。 YouTubeshortの動画はYouTubeのアプリのショートというところから視聴可能です。YouTubeshortの動画は通常のYouTubeの動画と同じく高評価ボタンや...