ホーム YouTube字幕翻訳

YouTube字幕翻訳

前回はYouTubeshortについてご紹介しましたが、今回は取り組むにあたってのメッリトをご紹介します。 チャンネル登録者数が伸びやすい YouTubeshortの動画は、不特定多数のユーザーいます。その結果、動画やチャンネルを知ってもらう機会が以前より増え、チャンネル登録者数も伸びやすくなっています。short動画ができる前のYouTubeにおいては、チャンネル登録者数を伸ばすに...
YouTubeのshort動画とは、最大60秒までの縦画面で投稿できるYouTubeの新しいサービスです。現在ではスマートフォンからのみ視聴と投稿ができます。今回はそんなYouTubeshortについてご紹介します。 YouTubeshortの動画はYouTubeのアプリのショートというところから視聴可能です。YouTubeshortの動画は通常のYouTubeの動画と同じく高評価ボタンや...
Instagramは若年層を中心的に多くの人が活用しています。2020年8月からInstagramリールという機能が新たに導入されました。リールは映像を投稿する機能ですが、通常の投稿やストーリーとはまた違った活用ができるため企業のマーケティングにもかなり有効です。そこで今回はInstagramリールの特徴とマーケティングに効果的な理由をご紹介します。 Instagramリールとは I...
視覚や聴覚を通じて多くの情報を短時間でPRできる動画広告は、多くの企業がマーケティングのコンテンツといて活用することもおおくなりました。その中でも近年は音の無いサイレント動画広告が増えています。サイレントでも自社の商品やサービスの魅力が伝わる動画広告が制作できれば需要が広がります。今回は、サイレント動画広告のメリットや事例をご紹介していきます。 音声のない動画広告のメリット4つ 動画...
どんな動画広告でも同じですが、動画を制作したらおわりではありません。むしろ、制作後にどんな運営を行っていくかが重要になります。 いいねの獲得を狙う TikTokには、一定時間にいいねを獲得した場合に、フォローされていないユーザー向けにおすすめ動画といて表示される機能があります。いいねの数や条件は公式に公表されていません。いずれにしてもユーザーに認められた投稿といて注目されている基準が...
若い世代を中心にInstagramに匹敵するほどの人気を集めているアプリ、TikTokをご存じでしょうか。高い動画広告の効果を期待する企業から新たなマーケティングとして注目されています。今回は、動画広告を作りたいと考えている方に向けて、このTikTokがどんな媒体で、動画広告を制作する時のコツについてご紹介していきます。 TikTokを利用した動画広告のコツは以下の5つです。 縦画面...
前回はiPadでできる動画編集アプリを紹介しました。今回はより編集を便利に行う方法を3つご紹介します。 ペンシルを使う 動画編集は、動画をカットする位置にコンマ単位での細かい調整が必要になったり、エフェクトの強さも微細なレベルでの調整が必要になることがあります。指での操作では細かい調整に対応しきれず疲れてしましますので、編集にはAppleペンシルを使うといいと重います。ペンシルの先は...
スマホやPCのほかにタブレットと言われるipadを使っている人の数も今や増え、スマホよりも画面が大きくPCと違って使用場所を選びません。そこで今回はipadでの動画編集を考えている人にipadで使える動画編集アプリをご紹介します。 iPadで使うことができる動画編集アプリ iMovie iMovieはApple社からリリースされているので、iPadだけではなく、iPhoneやi...
化粧品のブランディング動画はあまりにも多すぎるため、化粧品開発をされている企業のみなさまは、どのように制作すれば自社のブランドの価値をうまく伝えられるかなど今回は、化粧品のブランディング動画を制作する時に意識すべきポイントをご紹介します。 動画は映像やBGM・効果音を使用できるため、視聴者に与える印象が強く、演出次第でかなり効果の高いブランディングができます。 意識するべきことは以下...
今回は、説明書をモーショングラフィック化する5つのメリットをご紹介します。 使用手順がわかりやすくなる ユーザーが確実・安全に作業を進めるための説明書を紙で作成する場合、文章量が膨大になったり、あるいは専門用語が多く使われることもあるでしょう。モーショングラフィックは使用手順を視覚化できるので、ユーザーは実際の使用手順のイメージをつかみやすくなります。 短時間で使用法がわかる ...