動画マーケティングのこれから

0
52

コロナ禍で動画マーケティングが増えてきて、ここ最近でかなり盛んになりました。
それは制作環境や視聴環境が激変したからです。
それから今後も動画マーケティングが伸びていくと言われています。
そこで今回は動画マーケティングの未来についてご紹介していきます。

5Gでさらに動画が普及

「5Gファイブジー」になると「動画の時代になる」と言われています。

日本では2020年3月からAndroidスマホに導入されていますが、5Gによる通信の高速化・大容量化により、
人々は4K・8Kといった高画質な動画もスムーズに見られるようになり、動画活用の機械がさらに増えます。

市場が倍以上になる

サイバーエージェントのデータによると、2023年には動画広告市場が5056億円にまで拡大すると予想されています。

この予想は今のコロナ禍に陥る前にされたもので、現在の状況をここに加えれば、動画視聴環境はさらに向上し、
動画広告市場及び動画需要は、数年以内に現在の3200億円からさらに倍以上拡大するでしょう。

AIが動画制作をする

更に、動画の制作自体を人間がやらなくなってしまう未来がくるかもしれません。

各産業でAIの導入・活用が進んでいます。
動画もAIが素材作成から編集を行い、ターゲットを自ら設定してそのターゲットに合わせた動画配信する、
そんな時代もすぐそばまで迫ってきています。

動画マーケティングの将来性は非常に高く、やり始めるなら今が絶好のチャンスです!
これを参考に動画マーケティングを始めてみてはいかがでしょうか。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。