インフォグラフィック動画のデメリット

0
83

前回インフォグラフィック動画のメリットをご紹介しましたので、今回はデメリットについてご紹介します。

デメリット:データの処理に時間がかかる

インフォグラフィック動画を制作する上で、データの整理が大切です。
データ情報の整理の仕方、デザインの構成などを間違えてしまうと、相手に伝えられたいことが伝わらず、
認識食い違いなどが生じてしまう可能性があります。
データの整理をしながら、分析を行い、その上で編集をしなければならないので、時間がどうしてもかかってしまいます。

デメリット:動画自体の制作に時間がかかる

インフォグラフィック動画における大きなデメリットとして、制作時間の長さが挙げられます。
通常の動画自体も長い時間がかかりますが、インフォグラフィック動画の場合はそれ以上にかかってしまいます。
その上、デザインのスキルやセンスも重要であり、未経験がいきなり質の高いインフォグラフィック動画を制作することはほとんどできません。

デメリット:ウェブサイトが重くなる

インフォグラフィック動画は通常の動画よりもデータ量が多いため、ウェブサイトが重くなってしまう恐れがあります。
重くなってしまえば、すぐに表示されにくくなり、アクセスする途中で離脱されてしまう可能性があります。
つながる速さもウェブサイトのアクセス数が増えるかどうかに影響するため、
その点も考慮しながらウェブサイトへの掲載を考えなくてはなりません。

デメリット:アニメーション制作のスキルが求められる

近年は、動画編集を始める方が多くなっていますが、アニメーション制作までできる方は少ないです。
インフォグラフィック動画はアニメーション制作のスキルが求められるため、独学だと時間がかかってしまいます。
もし、外注する場合はアニメーション制作ができるかもチェックして判断してみてください。

デメリット:間違えた後に修正するのが大変

インフォグラフィック動画も通常の動画と同じく、間違えた後に修正するのが大変です。
そのため、公開前に何度もチェックして、ミスがないかなどしっかり調べましょう。
データの正確さも重要であることから、数値ミスも見逃さないようにすることがたいせつです。

インフォグラフィック動画のメリットデメリットをご紹介しましたが、わかりやすく伝えられる反面、制作時間の長さや、
ハイレベルなスキルなどの問題がありますので、それを理解した上で作ってみるか判断してみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。