インフォグラフィック動画のメリット

0
29
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めに、インフォグラフィックとは何か。
インフォグラフィックとは、文字や数値などの情報を図やイラストや写真などを使ってわかりやすくしたものです。

今回はインフォグラフィック動画のメリット、デメリットを2回に分けてご紹介します。
これを参考にインフォグラフィック動画を作ってみてください!

インフォグラフィック動画のメリット

インフォグラフィック動画は、企業や商品、サービスなどのマーケティングにおいても需要がどんどんと高まっています。
メリットは大きく3つに挙げられます。

メリット1:圧倒的にわかりやすい

映像は静止画に比べて5000倍もの情報を伝えられると言われています。
それほど、人間の脳にとって動画はわかりやすいものとされています。
情報があふれ、時間に追われがちな現代において特に、適切な量の情報をいかに早くかつ分かりやすく伝えるかが重要になっています。

近年では、本を読む代わりにYouTubeなどで解説動画を視聴する人が増えていることからも、その傾向がうかがえます。
複雑な情報であっても、インフォグラフィック動画であれば、年齢、性別、国籍などの壁を越えて、より幅広い層に的確に伝えることが可能です。

メリット2:印象に残りやすい

動画は動きと音の要素が加わる分、アニメーション・BGM・ナレーションなど様々な演出が可能になり、
静止画よりも視聴者の興味を引き付けやすく、インパクトを持たせやすくなります。

また、文字で記憶した情報に対し、動画で記憶した情報の定着率は2倍とも言われていて、視聴者の印象に残りすくなります。
企業や商品のブランディングにおいても、動画は演出要素が多い分、視聴者により独自のカラーを印象づけやすい表現方法と言えます。

メリット3:SNSで拡散されやすい

インターネット上のあらゆる情報にシェアやコメント、いいねなどのアクションを起こし、情報を拡散できるようになりました。
実は、インターネット上の情報は、記事のコンテンツよりも動画コンテンツの方が拡散されやすいと言われています。

動画コンテンツであれば、URL先に遷移しなくてもそのままSNS上で視聴できるため、より多くの人の目に触れやすくなります。
印象に残りやすいため、SNSでの拡散も狙いやすいと考えられます。

今回は、メリットをご紹介しました。
次回はデメリットをご紹介しますので是非参考にしてみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。