動画PRが主流になる理由

0
38

動画PRが主流になる理由は、文字やイラストや写真などにはない独自の強みがあるからです。
今回は動画の強みをご紹介します。

インパクトが強い

人の記憶には、言語・聴覚・視覚の三つの要素が影響すると言われています。
動画には、文字・音・映像やアニメーションがぎゅっと詰め込まれており、上記3つの要素がすべて含まれています。
なので動画は人の記憶に残りやすく、インパクトが強いコンテンツと言えます。

内容がわかりやすく伝えられる

言葉や図だけでは伝えにくいものも、動画なら一瞬で分かりすく伝えられます。
その伝達力は、静止画に比べてなんと5000倍とも言われています。
さらに、アニメーションやナレーションを適宜加えることで、より分かりやすく表現できるのも動画PRの強みです。

伝えられる情報量が多くなる。

動画PRは伝えられる情報量が格段に多く、一分間の動画はWEBページ3600枚分に相当するともいわれます。
テキストや写真などのほかのコンテンツに比べて高い訴求効果が期待できるのです。


低コストで制作できるようにった

前までは動画制作はとてもコストがかかることでした。
高性能・高画質なカメラや照明で撮影し、専用の編集ソフトを駆使して画質や色味を細かく調節し、
音の性質こだわっていいものを作るというのが、従来の動画制作でした。

しかしWEBや動画のPRの制作において、そこまで高品質な動画は必要ありません。
ハイスペックな機材がなくても、動画制作が可能な時代になりました。


撮影がコスト的に難しければ簡単なアニメーションを利用して伝える方法もあります。
発言したい情報に適した方法で動画制作をすることで、低コストに動画制作ができるようになったのです。

拡散力が高い

拡散力が高い動画PRはSNSとの相性がいいことで知られています。
SNSでは、ユーザーが面白い、共感できると感じた投稿はどんどん拡散されて行きます。
しかし拡散効果を狙うには、人の目を惹きつけ、多くの情報が正確に伝わるコンテンツでなければいけません。
動画PRであれば動きを伴うので、文字だけのコンテンツよりも人の目を惹くことができます。

また、文字・音・映像やアニメーションによって多くの情報をわかりやすく、瞬時に伝えられます。
情報の流れが速いSNSにおいて、動画PRはユーザーの共感を得るのに最適なコンテンツです。
SNSや媒体によってユーザー層は異なるので、それぞれに合った動画を制作することで高い拡散効果を期待できます。

今回はこれから主流になる動画PRの強みをご紹介しました。
これを参考に動画PRを作ってみてください!

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。