説明動画の作り方とは

0
528
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昔は何かを説明するのにパンフレットやチラシなどの紙が多く使われていました。
しかし、近年ではスマホの普及とSNSの発達により、あらゆるものを動画で見るようになりました。
そこで今回はビジネスで結果のでる説明動画の作り方を解説していきます。

はじめに説明動画とは
説明動画とは商品などをPRしたり、その商品の使い方を説明したりするのを動画を使って行うものです。

説明動画の作り方

ヒアリング・与件の整理

はじめにクライアントがどんな説明動画を作りたいのかしっかりとヒアリングします。
細かい条件などがあればそれも整理しておきます。
動画を作る目的は何か、どんなものを作りたいのか、どのような効果を得たいのかなどの必要事項を洗い出します。

必要な資料や情報の収集

次に、動画制作に必要な資料や情報を集めます。
例えば、商品の紹介動画の場合商品や特徴、使用方法などの情報、その画像や実際に使っている様子を写した映像など。
動画の完成品をイメージしながら、その完成に必要な素材だけを逆算して収集しましょう。

説明動画の構成・企画を考える

次に、構成と企画を考えます。
作成する説明動画がいつ、どこで、誰に、そして、何のために使われるのかを考えながらそれに合う構成を練っていきます。
ターゲットを明確にし、利用される予め想定しながら進めていきます。

また、お客様のレベルにも合わせて内容を作るのも大事です。
初心者の方が使うのに、専門用語を沢山使う説明だとお客様が理解でずになってしまいます。

動画の台本を作成する

次に、メインとなる動画の言葉を台本として作っていきます。
台本は、動画を効率よく作成するため、視聴者にわかりやすく伝えるためにも重要な工程です。
台本を準備しておかなければ、撮影のテンポを確認できなかったり、必要な素材が完成直後に用意されていなかったり、
余計なコストと時間が発生してしまう恐れがあります。

必要であれば動画の撮影や録音

動画を撮影する際には、1つのシーンを様々なアングルから撮っておくようにします。
そうすることで、後に編集を行う際に、見栄えのいいアングルなどたくさんの素材からベストなものを選定することができます。
素材が少ないとチョイスも狭まりますし、もう一度撮るのが難しいため、事前に十分に撮っておくほうがいいです。

ナレーションの収録

台本をもとにナレーションを吹き込んでいきます。
ナレーターの方と言葉のテンポや抑揚など意味合いなどを事前に話し合っているといいでしょう。
テキストだけでなく、ナレーションを使った方が視聴者にとっても理解しやすいでしょう。

動画の編集作業

最後に動画、音声、画像、テキストなどすべての素材を編集しながら1つの動画に仕上げます。
不要な部分はカットし、動画として自然に、求められている流れに沿ったものを作るようにしましょう。

今回は作成の仕方についてご紹介しました。
次回は作成する際のポイントについてご紹介しますので是非参考にしてみてください!

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ