動画広告のクリック単価は?

0
406

動画広告を出稿したいけれど、料金形式がわかりずらいなどと思っている方は多いと思います。
料金設定や仕組みは配信先によって変わります。

今回は広告料を低予算に抑え、成果を上げるにはどうしたらいいのか。
各媒体のクリック単価形式や効果を出すための方法についてご紹介していきます。

各媒体のクリック単価形式は?

クリック単価とは「CPC」と表記されます。
動画視聴者によってどれだけ広告が見られているか、明確に数値が出るため費用対効果もわかりやすいのが特徴です。

各媒体によって出稿料金や出稿設定は異なります。

YouTube

YouTubeの場合、動画広告の再生時間で料金が発生します。


インストリーム広告は「5秒後にスキップできる」動画広告です。
YouTubeでは、動画広告が30秒以上再生された場合のみ料金が発生します。
それ以前にスキップされた場合は料金が発生しないのが特徴です。

動画広告のジャンルによって料金は異なり、平均で3円から20円で設定されています。

Facebook

Facebookの動画広告は「クリック課金」と「インプレッション課金」の二つです。

「クリック課金」はクリックが発生しない場合はお金がかかりません。
1クリックの料金は「入札価格」「推定アクション率」「広告品質」などを考慮したオークション形式で常に変動します。

Twitter

Twitterの動画広告のクリックやフォロワーの獲得など、事前に設定したアクションをユーザーが行うことにより発生します。

1再生に付き料金の設定が可能となっています。
料金の設定は「上限入札単価」で支払可能最大金額の選択が可能です。
また、「総予算額」から推奨される入札単価が自動で決められます。

Instagram

Instagramで動画広告が配信できるのは「フィード」「ストーリーズ」の二つです。

フィードは、一般ユーザーの投稿に配信され違和感の無くPRできるのが特徴です。

ストーリーズは、15秒以内の動画を一般ユーザーの投稿されたストーリーズの間に表示することが可能になります。ただし、24時間で投稿が消去されてしまうので注意が必要です。

課金方法は「クリック」「インプレッション」「アプリのインストール」「再生課金」の四つです。

今回は各媒体の料金形式についてご紹介しました。
次回はどんな動画広告を作成すれば、低予算で効果的なのかについてご紹介しますので是非参考にしてみてください!

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ