フレームレートとは?

0
94
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早送りになっている動画などカクカクとした動きのエフェクトがついた物を皆様は一度は見たことがあると思います。
それは「フレームレート」です。

今回はフレームレートについてとそれに必要な値をご紹介していきたいと思います。

フレームレートはその動画の雰囲気を決めます。
動画制作者だけでなく、制作会社へ動画制作を依頼したいと考えている方も知っておいた方がいい知識の1つです。

フレームレートの定義

定義を簡単に説明すると、フレームレートとは、1秒間の動画で見せる静止画の枚数(コマ数)のことです。

動画は、実写でもアニメーションでも、何十枚もの少しずつ動きを変えた静止画(写真)を
1秒間に複数積み重ねて被写体が動いているように見せることで成立していきます。

フレームレートとは、1秒間に24枚、30枚など何枚静止画を積み重ねるかを示す値で、24fps、30fpsなどといった表記をせれています。

フレームレートの豆知識

フレームレートのレート数はさまざまな値があります。
では、数値を変えると一体どうなるのでしょうか。

大きいほど動きが滑らかになる。

フレームレートとは1秒間に差し込む静止画の数のことで、動画は少しずつ動きの違う静止画を積み重ねてできていると説明しました。
上記の前提を頭に入れた上で想像してみてください。

例えば、1秒間に12枚の少しずつ動きの違う静止画が挟まれている場合は12fps
1秒間に24枚の少しずつ動きが違う静止画が挟まれている場合24fps

この場合1秒間にが24枚の少しずつ動きが違う静止画が挟まれている場合24fpsの方が動きがカクカクせず、滑らかに見えます。

フレームレートは、大きい方が動画が滑らかに見えるようになっています。
数値が違うと同じ動画でも雰囲気が変わる

フレームレートをいじると、全く同じカットをつなぎ、全く同じ編集を施した動画でも全く雰囲気が変わります。
フレームレートを下げると動画はカクカクしたストップモーション風になり、
カットや演出次第ではフィギュアが動いているように見えたりなど動画が活き活きといます。

逆にフレームレートを上げるとタイムラプス(早送り風)の動画を作ることができます。

フレームレートを上げれば動画が滑らかになりますが、だからと言って一概にフレームレートを上げまくればいいというものではありません。
上げすぎてしまうと早送りのようになってしまい、
また映画・テレビ・ウエブ・ゲームなどの媒体によっても対応するフレームレートが異なります。

今回はフレームレートについてご紹介してきました。

フレームレートを使うことによって雰囲気が変わったりするので上げすぎたりせず気をつけながら、
その動画に合わせたフレームレートを使ってみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。