動画広告は音声なしで伝わる動画にしよう

0
6395

視覚や聴覚を通じて多くの情報を短時間で伝えることができる動画広告は、多くの企業が活用することが多くなりました。
そこで近年は、音のない「サイレント動画」が増えてきています。

音がない動画でも商品の魅力などを伝わる動画広告が作成できれば需要が広がります。

今回はサイレント動画広告のメリットや事例をご紹介していきます。

音声の無い動画広告のメリット4つ

どこでも気にせず再生できる

今や、スマートフォンはいつどこでも利用するアイテムとなりました。
通勤や通学の合間、休憩中など、さまざまなシーンで使用されていますが、
必ずしも音を出して映像を楽しめる環境ばかりではないことも想像できます。

字幕で内容が伝わる

フォントや文字の大きさなど見え方を意識する必要はあるものの、映像に字幕やテロップをつけると、音声はいらない場合もあります。
このように字幕やテロップを活用すれば、音声がなくても自社の商品やサービスの内容や魅力はしっかり伝えられる方法はあるのです。

いきなり音が鳴る不快感を与えない

通勤中などに気になった商品の動画広告を再生した時に、大音量で音が鳴ってびっくりしたことはありませんか?
このような状況に遭遇したユーザーはまず、びっくりしてしまったり、不快に感じてしまうでしょう。
その商品に対して良いイメージを持たなくなってしまったり、購入を考えていたのに先延ばしにしてしまうこともあるかもしれません。
広告人非はないとしても、ネガティブな印象を与えてしまう可能性があるのです。

SNSに合っている

スマートフォンを使用している人の多くが、SNSを利用しています。
FacebookやInstagram、lineなどの投稿やコミュニケーションを日常をチェックするユーザーが多いです。
そのために、動画広告を配信するメディア媒体は、facebookやInstagram、lineなどが人気です。
つまり、音声がない動画広告はSNSに合っていると言えます。

動画広告を制作する時は、視聴者が音声なしで見ることを想定することが重要です。
ただ、音声をなくすのではなく、音声があってもなくても視聴者が商い内容でなくてはなりません。
その時には、動画制作会社に依頼するという手もありますので、是非検討してみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください