動画ブランディングの活用シーン

14
104

前回は動画ブランディング動画の目的についてご紹介しました。

今回は実際にどのような場面で活用しているのかについてご紹介していきます。

営業やプレゼンでブランドの説明

新顧客を勝ち取るための営業や、株主総会、コンペなどでは、企業は自社ブランドの説明をする必要があります。

動画は、本来なら経営者などが口頭で行う「ブランドの説明」を代行してくれます。動画ならデータも視覚的かつ印象的に見せられますし、実際の使用シーンも映像で見せられるので、口頭やスライドショーで展開するよりはるかに顧客や株主にブランドへの親近感を持たせられます。

webサイトへの掲載

ブランドのコンセプトを伝えるために、企業はブランドの公式HPのトップ画面のデザインを凝ったりしていますが、動画を置くことでよりブランドのコンセプトは伝わりやすくなります。

YouTubeやTwitter、Instagramなど他のウェブサイトに掲載するのもまた、自社サイトにはまだ訪れたことのない、
ブランドを認知していない人を新たなファンとして獲得できることができます。

広報

採用やIRでは、投資家を募ったり採用募集に応募してもらうために自社ブランドの魅力やコンセプトを伝える広報活動が必要です。

これもブランディングの1つであり、動画のブランディングを行えば就職・転職活動中の人にブランドのコンセプトを明確に伝えることができ、「ここで働いてみたい」という気持ちを引き起こさせるきおとができるでしょう。

今回は実際の活用シーンについてご紹介しました。

これを参考に動画ブランディングを活用してみてください!

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

14 コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here