SNSで動画広告を運用する際のポイント

0
254

今回はどう運用すればいいか、運用する際のポイントについてご紹介します。

これからSNSで動画広告を運用しようと考えている方は、以下のポイントを守るようにしましょう。

音がなくてもわかりやすいようにする

動画広告は、テロップやエフェクトなどを活用して音がなくても通じるようにしましょう。
なぜなら、電車などでSNSを見る人も多いからです。
映像だけで分かるような内容であれば、音が出せない場所にいてもアプローチできます。

長さは短めにする

SNSの動画広告は、短く簡潔にまとめることが重要です。
長すぎると途中で飽きられてしまい、見るのをやめてしまう人がでています。
短時間の動画であれば、気軽に視聴してもらいやすくなります。

また、短くする上では冒頭の演出が大切です。
伝えたいことを最初に持ってくるだけで、注目されやすくなります。

動画を縦型にする

SNSを見る際、ほとんどの方が縦でチェックしています。
そのことを踏まえて動画も縦型にすることで、気軽に視聴しやすくなります。

今回は運用する際のポイントについてご紹介しました。
SNSでの動画広告は注目を浴びているPR手段です。
だからこそ、この記事でご紹介したポイントを活用しつつ、実際に運用してみてはいかがでしょうか。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください