SNS動画における5つのポイント

0
129

今では色んなSNSで広告を見かけるようになりました。
そこで今日はSNSで動画広告を運用するメリットについてご紹介していきたいと思います。

動画広告を載せられる代表的なSNS

Facebook

Facebookでは、インストリーム広告・フィード広告・ストーリーズ広告の三種類を展開。
また、配置する場所によってアスペクト比や再生時間などが異なります。
そのうえで可能な限り少ないテキスト量を推奨しているため、初めて動画広告を運用する方は注意しましょう。

Twitter

Twitterの広告は種類が多く、全部で6つもあります。
主に、プロモビデオ広告やスポンサーシップビデオ広告、ビデオアプリカード広告など
種類が多いからこそ、それぞれの特徴をしっかりと把握しておくことがツイッターで動画広告を行う上でのコツとなります。

Instagram

Instagramでは、フィード広告、ストーリーズ広告・IGTV広告です。
こちらもそれぞれで特徴が異なっているので、動画の長さや内容に応じて選ぶようにしてみてください。

SNS動画広告の5つのメリット

SNSは世界的に使われているものなので、海外のユーザーに見てもらえるかもしれません

ターゲティングができる

SNSの動画広告は、細かくターゲティングすることができます。
年齢や性別、住んでいる場所まで設定ができるため、ニッチな内容の広告でもオススメです。

拡散されて沢山の人に見てもらえることができる

SNSで話題を呼べば、多くの人に拡散されます。
ただし、悪い意味で拡散されてしまうケースもあるため、その点には注意しましょう。

テレビCMと比べて広告費が安い

テレビCMは不特定多数の人に宣伝できる手段ですが、広告費が非常に高いため、広告費が少ない場合だと使えません。
しかし、SNSでは安価なため、予算が少ない場合でも運用することができます。

コメントやツイートなのでダイレクトな反応が得られる

SNSの広告は一方的でなく、コメントやツイートなどでユーザーとコミュニケーションをとることができます。
しっかりとコメントやツイートなどに対して回答すれば、信頼できる会社として商品やサービスを利用してもらえるかもしれません。

今回は動画広告のメリットについてご紹介しました。
SNSでの動画広告をしっかりと運用することができれば、知名度の向上といった効果をもたらしてくれます。
ですので、これを機に実際に運用してみてはいかがでしょうか

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here