どうすれば効果的?YouTubeの動画タイトルの付け方のコツ

0
47
Youtube タイトル

YouTubeで最も再生数を左右するものは何でしょうか?答えを先に言えば、それは「タイトル」です。

動画タイトルが重要だということは、様々なYouTuberや動画クリエイターが工夫をしている様子がいたるところで見られるため
皆様にも感覚的にわかると思います。

では、彼らはなぜそこまでタイトルにこだわるのでしょうか?
また、彼らはどのようにタイトルを決めているのでしょうか?

今回は、そんなタイトルの付け方のコツをお教えしします。

はじめに…タイトルをつける意味とは?

タイトルをつける意味は大きく分けて2つあります。

ⅰユーザーをひきつけるため
ⅱYouTubeに自分の動画を「推してもらう」ため

それでは、それぞれどのような意味を持っているか解説していきます。

ⅰユーザーをひきつけるため

YouTubeのユーザーはサムネイルやタイトルから動画の内容を予測して、面白そう、興味深そうな動画を視聴します。
当然面白そう、興味深そうなタイトルを付けることができていれば動画は視聴されやすくなります。

反対に、ユーザーにとって分かりづらい、関心が薄いような内容のタイトルであると、視聴されづらくなるといえます。

より多くのユーザー7に動画を見てもらうために、多くのYouTuberは動画タイトルに工夫を凝らしているのです。

ⅱYouTubeに自分の動画を理解してもらうため

YouTubeは、アップロードされた動画すべてのタイトル、概要欄、タグなど、全ての文字情報からその動画が、どのような内容かを判断しています。そして、検索結果や関連動画として視聴者に提示する動画も、こうした文字情報を判断材料に加えて表示しています。

つまり、動画をいろんな人に見てほしいと考えるならば、まずは、YouTube側に、「この動画はこういう内容」ということを分かってもらう必要があるのです。

動画のタイトルはこの2つの重要な理由から、慎重に付ける必要があるといわれているのです。

それでは、具体的にどのように動画のタイトルを付けていけばよいのでしょうか?

①重要なキーワードが何かを知る

動画のタイトルはユーザーを引き付け、YouTube側に内容を理解させることが重要だとお話しました。
それでは、これらをクリアするために何をすればよいのでしょうか?

まず、ユーザーの視点に立って考えると、タイトルによってその動画の内容が分からなければ視聴したいと思いません。
ユーザーに動画の内容を分かってもらうには、内容にかかわる重要な単語、つまり「キーワード」が必要になってきます。
では、このキーワードはどのように探せばよいのでしょうか?

YouTubeのユーザーは、自分の観たい動画を探すときにYouTube内部の検索機能を使うことになります。

この検索データはもちろんYouTube上に蓄積されているわけですが、その中でも検索数が多いキーワードやそれらの組み合わせは、検索候補としてユーザーに提案されるようになります。
その中でも、多くの人が検索するキーワードはより上位の候補に来るようになっています。

つまり、検索候補として上位に提示されるキーワードは、それについて興味を持っている人が多いといえます。

タイトルをつける前には、一度検索機能に様々なキーワードを入れて打ち込み、より検索数が多く、タイトルにふさわしいキーワードを探しましょう。

※キーワードプランナー

Google広告アカウントを取得すると利用できるGoogleキーワードプランナーは、YouTubeとは直接関係はありませんが、google上で人々がどのようなキーワードで検索しているか、またそのキーワードがどのくらい検索されているかをデータとして知ることができます。

あくまでGoogle上で検索されているキーワードなので、動画のテーマとしてふさわしい物とは限りませんが、人々がどのようなことに興味があるかということをより具体的なデータとして確認することができます。

動画のタイトルにこのようなキーワードを入れてみることも検討してみましょう。

②文字数は30字前後

YouTube動画のタイトルには表示できる限界があり、これはおおよそ30文字程度とされています。いくら重要なキーワードを選んだところで、そのキーワードが表示の限界までに収まらなければユーザーの目に触れることはなく、意味がないといえます。

ただ、限界を気にしすぎて文字数が少なすぎると、ユーザーに対して適切に情報を発信出来なくなる恐れもあります。

逆に、文字数が多すぎると、YouTube側からスパムとみなされ、動画が削除される可能性もあります。

タイトルはできるだけすべてが表示されるように30文字前後を基準に設定し、過不足ができるだけ内容にしましょう。

③重要なキーワードから順番に配置する

ユーザーは基本的に左から右、上から下の順番でタイトルの文章を読んでいきます。ただ、実際には最初から最後まで丁寧にタイトルを読むわけではなく、興味ありそうな動画のタイトルか、そうでないかを確認しながら読んでいき、関心が離れた時点で、そのタイトルを読むのを止めることになります。

さらに、GoogleやYouTubeでは、タイトルの冒頭に近い場所にある言葉から順に重要視するようになっています。そして、これらを基に関連動画や検索結果の画面を構成していきます。

つまり、効果的なタイトルを付けるには、その文章の冒頭に近いところにユーザーの興味を引くキーワードを入れることが必要だということが言えるのです。

また、キーワードが複数ある場合、それらをどのような順番で配置するかを考える必要も出てきます。検索候補で表示された順番やキーワードプランナーのデータを活用し、うまく順番を決めていきましょう。

キーワードが多すぎて、1つの文章として成立しない場合などは、タイトルの冒頭などに【 】で単語を括ってしまい、文章から独立させて配置するのも一つの手です。

いかがでしたでしょうか?

ここまでの話をまとめると、
重要なキーワードを調べて、タイトルの冒頭に近いところに配置し、それを30文字程度にまとめる

と動画のタイトルをうまく作れるということでした。

このほかにも、
旬がある動画内容であれば西暦や季節、月日をタイトルに入れる、絵文字なども活用する、
など様々な技法がありますが、基本的には、今回紹介した3つのポイントを押さえてタイトルを構成すれば、YouTubeにもユーザーにもわかりやすい動画タイトルになるのではないでしょうか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here