なぜYouTubeにはチャンネルテーマが必要なのか?

0
47
Youtube テーマ設定

この記事をご覧になる方の中には、新たにYouTubeを始めるという方もいらっしゃるかもしれません。
そんな皆様は、準備としてまずはじめに何から始めているでしょうか?
ある方は撮影用の機材から揃えるかもしれません。またある方はチャンネル名から決めるかもしれません。

ただ、こうした準備の中で最も重要なのは「何を発信するか」、つまり「チャンネルのテーマを明確に決める」ことだといえます。
「テーマ?自分の好きなものを発信するだけだけど…」という方もいらっしゃるかもしれません。そして、それもYouTubeのひとつの楽しみ方といえます。

しかし、より多くの人に自分のチャンネルの動画を見てもらおうと考えているなら、少し立ち止まったほうが良いでしょう。
何故ならテーマを慎重に決めたか、そうでないかでチャンネルの人気というのは大きく変わってくるからです。

その理由は大きく分けて2つあります。

①明確な❝供給❞の提示

テーマ設定について考える前に、視聴者の視点に立って一度考えてみましょう。

例えば、車が好きな方が新たに「車」という漠然としたテーマで「車チャンネル」というチャンネルを立ち上げていたと仮定します。
この「車チャンネル」では、「車の修理・改造」「スポーツカー紹介」「車での旅行」「ミニカー」など、車に関するあらゆる動画を作成していました。

ある日、とあるYouTubeのユーザーがこの「車チャンネル」が見つけ、その中でも「車の修理・改造」に関する動画に非常に興味を持ちました。
そこで、このユーザーは、ほかにも同じような動画があるか、このチャンネルの過去の動画を探します。
すると、「車の修理・改造」の動画がいくつか見つかり、一通りの動画を視聴しました。

しかし「車チャンネル」には、このユーザーが興味のない「車での旅行」や「ミニカー」などをテーマにした動画もたくさん上がっています。
結局、このチャンネルが興味のある題材の動画を多く挙げてくれるチャンネルではないことが分かり、興味が薄れたことでチャンネル登録をすることはありませんでした。

今回は例として車を取り上げましたが、他のジャンルの動画やチャンネルでも、このユーザーのような経験をされた方もいるのではないでしょうか?

今回の場合、視聴者は「車」という漠然としたジャンルが好きなのではなく、「車の修理・改造」に非常に興味がありました。
つまり、「車」ではなく、「車の修理・改造」に大きな❝需要❞があったといえます。

この❝需要❞に答えるためには、チャンネルのテーマを漠然なものではなくより明確にし、何を❝供給❞するチャンネルなのかをユーザーに提示する必要があります。
こうした意味で、テーマを明確に設定することは重要だといえるのです。

②競合・先駆者との差別化・独自化

チャンネルのテーマを明確に決める重要性のもう一つの理由が「競合」や「先駆者」の存在です。
既にYouTube上には、登録者数1万人を超えているようなチャンネルだけで、100万を超えています。

そして、これからYouTubeを始める皆さんはこのようなチャンネルと戦っていかなければいけないわけですが、その中でも自身のチャンネルと同じテーマ設定をしているチャンネルは、ユーザーの❝需要❞を奪い合う関係といえます。

この場合、新たにチャンネルを開設する側は、すでに豊富にチャンネル登録者を抱えており、様々なノウハウがあるチャンネルから視聴者を奪わなければいけないわけですから、かなり不利な戦いを挑まなければいけないことになります。

そこで、活きてくるのがより詳細なテーマ設定です。例えば、「車の修理・改造」というテーマの「先駆者」がすでにたくさんいるのであれば、
「中古スポーツカーの修理・改造」というように、よりテーマを絞って設定することで、他のチャンネルが供給していない動画を生み出すことができます。
また、他のチャンネルが完全競合とはならない状況を作り出すことができ、チャンネルが独自の個性を持つことができます。

このようにテーマ設定についてしっかりと考えることで、本来競合や先駆者となるチャンネルに負けない、自分のチャンネルが運営できるようになるのです。

いかがでしたでしょうか?このようにチャンネルを新しく始める際には、ただ自分の好きなものを上げるという風にするのではなく、しっかりとテーマを設定することで、視聴者にとってもチャンネル運営者にとっても良い結果が望めるようになります。

一方で、テーマの範囲を狭く設定しすぎると、題材に困ったり、そもそも潜在的な視聴者のパイが少ないということも考えられます。
自身が継続的に運営できるテーマか、どれくらいの視聴が見込めそうか、という点もしっかりと考えなければいけない点ですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here