最初の10秒が致命傷?YouTubeのOP映像がNGな訳

0
40
YouTube 視聴維持率

YouTubeで見かけるもの定番といっても過言でない、チャンネル独自の「オープニング映像(以下OP)」。
YouTubeを始められた方の中には、OPを採用している方や、OPにあこがれを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的にOPは、本編がいきなり始まるよりかは人を引き付けられたり、おしゃれな雰囲気を演出できると考えられています。

しかし、実はこのOPが動画から視聴者が離脱することを促し、「視聴維持率」を悪化させてしまう可能性が高いということをご存じでしょうか?

また、この視聴維持率の低下によって動画やチャンネル全体の評価も下がってしまうこともあるんです。

①視聴維持率とは?

視聴維持率とは、その動画の全体の時間を100%とした時、平均でそのうちのどれくらいがみられているかを表したものです。

この値はYouTubeがその動画を評価する際に、最も重要視する指標のうちの1つです。つまり、この数値が高ければ高いほど、「良い」動画ということになります。
一般的には、10分の動画であれば、視聴維持率が40%を超えるとYouTubeのアルゴリズムの評価が上がり、おススメ動画に上がる機会が多くなるとされています。

②OPと視聴維持率

そんな視聴維持率ですが、この数値が最も落ち込むタイミングがあります。

それが「動画の導入」部分なのです。

そもそも多くの視聴者はタイトルやサムネイルを見て、動画の内容やクオリティを予想し、動画の視聴をはじめます。
そして、視聴が始まると、自分の予想していた動画の中身やクオリティが得られそうかどうかというのを開始5~10秒で決め、
興味がないと判断した動画であればすぐに離脱してしまうといわれています。

例えば離脱率が高い動画だと、開始10秒で60%もの視聴者が離脱してしまうということもあります。
この場合、もし動画のクオリティが極めて高く、仮にこの時点で残っている視聴者がすべての動画を見たとしても、視聴維持率はかろうじて40%を超える程度となってしまいます。(もちろん維持率が完全に一定ということはありえず、時間とともに下がり続けます)

ただ、これは反対に言えば10秒間視聴者を引き続けることができれば、視聴者は動画を長い時間見てくれる可能性が高いということになります。
つまり、動画のクオリティがそれほど高くなく、途中で視聴者がちらほら離脱するようなことがあっても、動画全体の視聴維持率は高くなりやすいといえます。

このように、YouTubeにおいて初めの10秒は極めて大事だということが分かっていただけると思います。
ではその10秒の間にOPを入れるとどうなってしまうでしょうか。

当然、視聴者は初めの10秒で動画の中身やクオリティを推し量ることができず、次第に動画への興味を失ってしまいます。
またOP映像は、視聴者にとっては、予想していた動画の中身とはほとんど関連がなくそれほど重要な情報ではないため、動画以外の部分に目を向けやすい時間でもあります。
そのような状況で、例えば関連動画に興味のありそうな動画を見つけたとしたら、視聴者はそちらをクリックしてしまうでしょう。

このように動画の始めにOPを流すことは、視聴からの離脱を促す結果となってしまい、余り得策ではないといえます。

③なぜ、トップYouTuberはOPの流すのか

ここまでご覧になった方の中には、「でも、YouTuberの○○さんはOPを流してるけどなぁ」と思った方もおられるでしょう。

確かに、チャンネル登録者を多く抱えるようなYouTuberの中には、OPを採用している方も多くいらっしゃいます。
これは、その動画の視聴を促す目的というよりも、「チャンネル全体のブランドづくり」のために行っている事だといえます。

彼らの多くのOPでは、耳に残るようなメロディや印象的なムービーを採用しています。これによってチャンネル名を覚えてもらったり、チャンネルのイメージを生み出し、それによってより多くの人が共通して持つチャンネルの印象を確立させ、一つのブランドとすることを試みているのです。

つまり、YouTubeを初めてまもない人たちは、まず動画を長く見てもらうことに注力すべきですが、トップYouTuberはそうした期間を終えていて、次のステップへと進むうえでOPを採用しているのです。

いかがでしたでしょうか?今回のお話は、YouTube動画のOPは、特にチャンネル開設間もなく登録者数が少ない場合は入れないほうがよいということでした。

YouTubeにおいて、視聴維持率はとても重要な指標の一つであり、YouTubeはこれを基準に良い動画と悪い動画を判断しているといっても過言ではありません。動画のクオリティは十分なのに、OPのせいで視聴維持率が下がり、動画の評価が下がるということは避けたいですね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here