動画編集基礎知識③ 編集ソフトの選び方

0
519
動画編集ソフト premiere

動画編集基礎知識① 編集する上で覚えておくべき単語ベスト5
https://asulight0911.com/blog/?p=2345
動画編集基礎知識② 編集用パソコンの選び方
https://asulight0911.com/blog/?p=2367
動画編集基礎知識④ 動画編集の流れ
https://asulight0911.com/blog/?p=2401
動画編集基礎知識⑤ 著作権を気にせず使える! おすすめサイト12選
https://asulight0911.com/blog/?p=2432
動画編集基礎知識⑥ これだけ押さえて! YouTube動画編集のコツ -テロップ・拡大・効果音-
https://asulight0911.com/blog/?p=2478

動画編集に欠かせない物といえば、編集ソフトです。
編集ソフトは初心者向けからプロ仕様、無料のフリーソフトから月額制のものまで種類が豊富にあります。

では、そのようなソフトの中から、何を選べばよいのでしょうか?

今回は編集ソフト使う方を大きく3つの分類に分けて、それぞれにあった編集ソフトを紹介していきます。

  • ①とりあえず簡単な編集がしたい
  • ②頻繁に編集をしないが、上級者向けの編集がしたい
  • ③頻繁に編集をするし、上級者向けの編集がしたい

①とりあえず簡単な編集がしたい

「今ある目の前の動画を簡単に編集したい」「今回1回だけ簡単にソフトを触ってみたい」
こうした方は複雑な編集ができる機能を持った、高額なソフトが必要なわけではないと思われます。
まずは、無料で基本的な編集ができるソフトを選んで、編集に挑戦してみましょう。

✎windowsユーザーの方✎

microsoftフォト
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/photo-movie-editor

windows10には元々インストールされているソフトですが、実は写真や動画の閲覧だけではなく、簡単なカット編集やテロップ追加であれば簡単にできるソフトです。

テロップやフィルター、3D効果など、テンプレートが用意されており、一通りの表現もできるようになっています。

✎macユーザーの方✎

imovie
https://www.apple.com/jp/imovie/

macに元々インストールされているソフトです。Microsoftフォトと同様に、簡単なカット編集やテロップ追加ができ、エフェクトも豊富に用意されています。

これらのソフトは元々インストールされているソフトのため、改めてソフトをインストールする必要もないので、とりあえず今すぐ編集したいという方にはおススメです。

②頻繁に編集をしないが、上級者向けの編集がしたい

動画編集をし続けるようになると、テロップを思い通りに作りたくなったり、少し複雑な効果をつけたくなってきます。
しかし、頻繁に編集をしないのに、高額なソフトを購入するのは少しもったいない気がしますよね?
そのような方は、編集ソフトの中でも無料や安価なものを購入するのが良いかもしれません。

⑴Lightworks
https://www.lwks.com/

現在無料で公開されている、本格的な編集機能を搭載したソフトです。
編集機能が有料ソフトと同様、多岐にわたるので初心者には少し難しいかもしれませんが、
無料で本格的な編集ができるのは非常に魅力的です。

————————————————————————————————————————————————–

⑵Premiere Rush
https://www.adobe.com/jp/products/premiere-rush.html

後に紹介するPremiere Proの廉価版で、初心者にも使いやすい画面や手軽な操作性が特徴です。
また、アプリ版もあり、こちらは月額550円とさらに値段が押さえられています。

動画編集にお金を掛けたくないが、ある程度のクオリティの動画を作成したいという方におススメです。

デスクトップ版(月額):980円(税別)
スマホ版(月額):540円(税込)

————————————————————————————————————————————————–

③頻繁に編集をするし、上級者向けの編集がしたい

動画編集をやっていくと、本格的に取り組みたい、もっと自分の思い通りの編集がしたいと思われる方も出てくるかと思います。

「本格的な編集の為なら」「仕事につながるなら」有料のソフトを購入したり、契約しても良いという方には。以下のソフトをおススメしたいと思います。

⑴Adobe Premiere Pro
https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html

映像編集において、もっともスタンダードで使われているソフト。テレビ業界や映画、CM、YouTubeなど、あらゆる種類の動画媒体の作成に用いられている。

その一方で、パソコンにかかる負荷が大きく、ある程度のスペックのパソコンが必要となる。

月額:2480円~(税別)

————————————————————————————————————————————————–

(2)Final Cut Pro(Mac専用ソフト)
https://www.apple.com/jp/final-cut-pro/

Appleが開発したMac専用の動画編集ソフト。iMovieに、より多くの機能を搭載したイメージ。映像の色など芸術的なタッチの動画を作成したい方にはおすすめ。

Premiere Proと異なり、買い切り版のソフトであるため、利用期間が長ければよりお得です。

買い切り:36800円(税別)

————————————————————————————————————————————————–

⑶PowerDirector
https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/overview_ja_JP.html

6年連続国内販売シェアNo.1の編集ソフト。初心者から上級者まで幅広く使いやすい。

上記の2つの動画に比べて安価で、比較的操作も直感的で扱いやすいとされています。

また、パソコンにかかる負荷も小さく、スペックの低いパソコンでも安定して動作します。

月額:517円~

————————————————————————————————————————————————–

いかがでしたか?動画編集ソフトは様々な種類がありますが、ソフトを選ぶ際には、ご自身が初心者か、それとも上級者なのか、また、継続して編集を行っていくのかという点で、選ぶべきソフトが大きく違います。

これから動画編集とどのような付き合い方をしていくかということを考えた上で、自分に合ったソフトを選びたいですね。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here