動画作りのポイント【まとめ】

0
140
カメラとレンズ

より魅力的な動画を作成し、より多くの視聴者にあなたの動画を届けるためには
どのようなことに留意して動画づくりを行えばいいのでしょうか。

ここでは押さえておきたいポイントを4つご紹介します。

目的を絞り、「6W1H」を意識する

以前のブログにも書いたように、「何のために動画」
つまりは目的がハッキリしていない動画では、広告効果は見込めません。
「〇〇の商品理解を深める」など、一つの明確な目的を絞ることが大切になります。

そして、「6W1H」。
「いつ・どこで・だれが・なにを・なぜ・だれに・どのようにして」のポイントを
それぞれ意識して動画づくりを行いましょう。
視聴者は「いつ」あなたの動画を「なぜ」観るのか、などを考えることは、動画作成においても大変役に立つ視点になります。

動画の前後は余白をもたせる

動画は長めに撮影する。
これは、動画撮影においては鉄則です。
「途切れてしまった!」「動画が足りない!」というようなことが起きないように、どのシーンも長めに撮影することが大切です。

動画撮影時はカメラを固定する

撮影が長時間にわたると、カメラをずっと持ち続けるのは意外と難しいこと。
三脚や固定用機材を使い、手振れなどを防ぎましょう。

サムネイル、アイキャッチ、説明文は必ず付ける

「インパクトのある場面を抜粋しアイキャッチに使用する」
「人を惹きつけるキャッチコピーを考える」などの工夫をして
思わずクリックしたくなるようなサムネイル、アイキャッチ、説明文を考えましょう。

次回のブログでは、動画づくりにおける“注意点”についてお伝えします。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。