動画作りの基本的な流れ

0
160
パソコン青

さて、準備が整ったとしましょう。
次にすべきことは「イメージをつかむこと」そして「撮影」です。

確認しておきたい事項を以下に挙げます。


①動画の目的・構成を“明確に”する


「何のための動画なのか」を明確化することはとても大切です。
「商品のPRのためなのか」「ブランドの認知度を高めたいのか」などなど、、、
目的によって、適した動画構成は異なってきます。

目的を明確化できたら、大まかな動画の流れを書き出しましょう。

②目的に合わせて台本を書く

まずは流れを設定します。
全体の再生時間、テロップやナレーションまでを明確に決めておくことで、撮影がスムーズになります。

③動画の撮影を行う

動画の目的や構成も決まり、言いたいこともまとめました。
では作成した台本を基に、動画を撮影していきます。
長い映像はカットできますが、短い映像は長くできません。
そのためそれぞれのシーンを長めに撮影しておくことで、のちの編集作業の助けになります。

④動画の編集を行う

事前準備で備えておいたツールを使って、編集をします。
テロップや効果音もここで挿入していきましょう。

⑤動画をアップロードする

そしていよいよアップロードです。
HPやYouTubeなど動画を載せたいところへアップロードして、どんどん配信していきましょう!
次のブログ記事では、動画を作る際のポイントをいくつかご紹介します。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。