動画の課金の仕組み

0
57

動画広告において、発信側が気になるのはやはり課金形態ですよね。
費用対効果を高めるためにも、それぞれの課金の仕組みをしっかりと押さえておきましょう。

・CPV課金

動画広告を1回再生するたびに料金が発生する課金形態。
YouTube広告において、広く利用されている課金システムである。
興味のあるユーザーにのみ課金されるので費用対効果が高いとされており、広告費の無駄も省けます。

・CPM課金

表示回数によって課金される形態です。
ディスプレイ広告やSNSで広く利用されています。
一定の金額で利用でき、あらかじめ予算を定めて利用できるシステムとなっています。
多数のユーザーに発信することができます。

・CPC課金

動画広告が再生されるごとに料金が発生する課金形態。
CPVと混同されがちですが、CPVが動画を視聴して一定の秒数が経過した時点で課金されるの対して
CPCは動画を視聴した段階で料金が発生します。
YouTubeのような動画サイトよりも、SNS広告で利用されることが多いです。

どのようなユーザーに向けて発信したいかを予め定め、それに見合った方法で広告を打ち出していくかを考えていきましょう。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。