動画広告の種類とその特徴について

0
64
カメラ画像

今回は、スマートフォンでも視聴できる広告も加えながら、
代表的な広告について紹介とご紹介いたします。

【インストリーム広告】


従来のバナー広告と比較すると画面が大きいことから、様々な情報を組み込むことができます。
動画の前後や途中に入れることができるため、多く人に視聴してもらえる可能性が高いのが特徴。
このインストリーム広告には、2種類あります。

①スキッパブル広告

  • YouTubeにおいて動画を視聴する際に、最初に流れ、右端に「広告をスキップ」というテロップが出てくる広告です。
  • この広告は、動画を30秒視聴したときに初めてカウントされます。
    動画の長さは必然的に30秒以上必要となります。
    動画のクオリティが低いとユーザーはすぐに離脱してしまうことが予想されるため、クオリティの高い動画制作が求められます。

②非スキッパブル広告

動画再生の前に流れる少し長めの広告です。
「非」という言葉からも分かるように、この広告はスキップできません。

【インバナー広告】

Webサイト内に設けられている広告枠を使った宣伝スタイルの広告です。
スキップ機能がないため、最初から最後まで見てもらえる可能性が高いです。

【インリード広告】

スマホ向けの動画広告といわれています。
スクロールして動画広告が正しく表示され、そこで初めて再生されるため、
スクロール作業の多いスマートフォンと相性がいいとされています。

【オーバーバーレイ広告】

動画再生中に画面の下にうっすらと出てくる広告です。
ある特定の場所に固定されていて、そこにユーザーがくると広告が表示される仕組みとなっています。
自身のビジネスにあった広告はどれかを見極めながら、より効果的なものを選んでいきたいですね。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。