YouTube動画で字幕を作る方法

0
161

YouTube動画に字幕を入れようと考えた際に実際にどのように入れるのか、それぞれの字幕の入れ方についてご紹介していきます。

新しい字幕を作成する

完全オリジナルの字幕を作る方法からご紹介していきます。

作成方法

  • 作成する字幕の言語を選択する
  • 新しい字幕を作成するを選択
  • 出現したボックス内に文章を入力する
  • 動画下のテキストの枠線を左右にドラッグし、字幕の起点と終点をしていする
  • 必要な字幕部分だけ蒸気を繰り返し、最後に変更を保存で終了

動画内に記録されている音声だけではなく、必要な字幕を新しく入れられるといった自由度が高い方法になります。

文字起こしと自動同期

文字起こしと自動同期させることで、自動で動画内の音声とのタイミングを合わせてもらう方法です。

  • 文字起こしと自動同期するをクリックする
  • 画面が切り替わったら、追加したい字幕を入力した後に、タイミングを設定するをクリックする
  • 動画がトラックリストに載ったら、再生してタイミングを確かめる

文字起こしを自力でする必要がありますが、タイミングはYouTubeが自動で行ってくれます。
時短、人的ミスを防ぐ意味では便利な機能と言えるでしょう。

ファイルをアップロードする

YouTubeの機能を利用することなく、事前に字幕を挿入している場合は、完成した動画をそのままYouTubeにアップロードすることが可能です。

  • ファイルをアップロードをクリック
  • 実際に完成したファイルをアップロードして保存をクリックすれば終了

注意点として、YouTubeが対応しているファイルの形式であることが必要です。
基本的なことですが、いざアップロードしようとしたときに躓かないよう、事前に確認しておきましょう。

ここまでYouTube動画の字幕についてご紹介してきました。
これを参考にYouTube動画で字幕をつけてみてはいかがでしょうか。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。