YouTube動画字幕の表示方法

0
657

近年ではテレビよりもYouTubeを見て楽しむ方も非常に多くなりました。
そんなYouTubeで、動画を作る際に動画内の字幕はどう入れるのかと思った方に、今回はYouTubeの字幕の入れ方をご紹介していきます。

YouTube動画の字幕の表示方法は2つ

YouTube動画に字幕を表示させるには大別して2つの方法があります。

自動字幕表示方法

YouTubeには字幕字幕起こしと呼ばれる機能があります。動画をアップロードすることで、自動的に字幕を表示できる機能があります。
YouTubeそのものに搭載されている音声認識技術を活用することで、動画内の音声を自動で文字起こしをしてくれます。

対応言語は、日本語をはじめとして、英語、韓国語など10か国の言語に対応しています。
自身が外国語に対応できなくても問題ないので、様々な国の方へ動画を発信できる点は大きなメリットと言えます。

ただし、デメリットとして、自動翻訳となるので、スムーズな翻訳だとはあまり言えません。
英語をGoogle翻訳した時のような意味は通じても前後がおかしくなった字幕となってしまいます。

動画投稿者が制作した字幕

2つ目の方法は、動画に字幕を入れると聞いた際に多くの方が動画編集時に作成者が字幕を挿入すると思うかと思います。

YouTubeの動画も、作成者が自身で字幕の設定をすることが可能となっています。
字幕を入れることは、動画のクオリティを上げられる観点からも重要であるため、多くの方がチョイスしている方法です。
自身が思った通りに字幕を入れられる点がメリットと言えます。

文章の並びはもちろん、協調や文字の色を変えるなど、聴覚と視覚、どちらからもアピールすることが可能になります。
デメリットは字幕を設定、編集する手間がかかることです。

これを参考にYouTube動画字幕をつけてみてはいかがでしょうか。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ