動画を活用できるシーン

0
599

動画とビジネスは相性がいいことから具体的にどのようなシーンで活用できるのかを今回はご紹介していきます。

営業やプロモーションにおける商品の説明

動画が一番多く活用されているシーンは営業プロモーションの現場における商品説明です。
静止画広告は写真・画像と文章のみなのでどうしても商品の使用感などの実際のイメージがつかみにくいです。
動画なら商品の使用シーンや使用手順を再現することができるので、顧客は商品のイメージをつかみやすくなります。

会社説明

どの企業にも同業他社が存在するので、企業は自社に顧客を獲得するためには、自社がどんな企業で、
どういった特徴があるのかを伝えなければいけません
が、動画なら会社の事業内容をわかりやすく相手に説明できます。

人材採用

企業が人材募集する時は、求人サイトに採用ページを掲載したり、自社で採用専用のサイトを開設するの事がおおいですが、
ただ情報を載せただけでは同業他社との違いがあまり伝わりません。
また、自分の会社より規模の大きい会社の方がどうしても目立ってしまうので、優秀な人材はなかなか応募してくれません。

動画には求人募集にも活用でき、動画の雰囲気によって会社がどんな人材を求めているか、
自社がどれほど良い会社なのかを求職者にアピールできます。

動画があることで目立つので、優秀な人材か応募してくれやすくなるでしょう。

従業員へのマニュアル・ルール説明

動画は、対顧客・消費者だけでなく、社内で従業員向けにも活用できます。
社内業務には多くの場合マニュアルがあり、近年はコンプライアンスも厳しくなっているので、遵守すべきルールの説明もしなければいけません。
動画ならマニュアルやルールを映像を使ってシミュレーションしながら伝えられるので、
文字をずらっと並べた冊子にして伝えるよりも、ずっと社内理解が早いです。

動画が活用できる数々のビジネスシーンをご紹介しましたが、これ以外にも活用のできるシーンは沢山あります。
動画を活用すればわかりやすく伝えられるのでビジネスが有利に進められ、結果として企業の売上が上がります。
これを参考に活用してみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ