YouTubeの低評価について

0
605

今回は低評価が及ぼす影響についてご紹介します。

YouTubeの低評価で収益は減るのか

低評価を付けられて収益に影響することはありません。
YouTubeで一般的に得られる収益は、バナー広告や動画広告の表示回数などによって決まります。
そのため、直接的に低評価が収益に影響を与えることはありません。

低評価されるとどんな影響かあるのか

YouTubeの低評価は収益に影響はありませんが、何も意味がないわけではありません。
視聴者が動画の質を判断する基準になります。
低評価や高評価は、視聴者が動画の質を判断する基準になります。
YouTubeにおいて、低評価や高評価は動画の客観的な評価を示す材料となります。
何か調べ物をするときには視聴者は評価を見ています。
動画の種類によって低評価が動画のクオリティの客観的な指標と判断されて、再生回数の減少につながる可能性があります。

アンチが集まりやすい

低評価が多くつくとアンチが集まりやすくなる影響もあります。
YouTubeには動画の質とは関係なく低評価を押すアンチがいます。
認知度が高いYouTuberは特にアンチが多いです。
そして、低評価が多い動画には、さらにアンチが集まる可能性があるのです。
この動画なら叩いてもいいだろうといった心理が働いてしまいます。
低評価が低評価を呼び、動画の印象が悪くなってしまうかもしれません。

ここまでYouTubeの低評価についてご紹介してきました。
これを参考に悪質な低評価は気にせず動画投稿をしてみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ