YouTubeshort動画を作る際のコツ

0
455

前回はYouTubeshortの動画に取り組むメリットについて紹介してきましたが、今回は動画を作る際のコツをご紹介します。

1.自然体でいる

YouTubeshort用の動画を撮影する際は、自然体でいることを心がけましょう。
YouTubeshort動画では、無作為でリアルな、手を加えられていない動画が喜ばれる傾向にあるからです。
はじめは、自分が気に入ったYouTubeshort動画を分析し、自分のコンテンツの参考にしてみてください。

2.オープニングで引き付ける

YouTubeshort動画を見ているユーザーは、興味がないと動画を次々とスクロールしてしまいます。
動画の最初の数秒で気を引かなければ、最後まで視聴してもらうことができません。
自己紹介のナレーションをいれたり、その動画でこれから何が始まるのか期待させるような文言を入れたりといった
工夫をしてみてください。

3.定番のストーリー構成を作る

YouTubeshortの動画は短い時間で動画の内容を伝えなければいけません。
定番のストーリー構成を作ることで、ユーザーは動画のつかみから、クライマックス、結末といった展開を予測でき、
その構成自体にファンがつく可能性もあります。

例えば、企業のショート動画の場合、撮影者が社長や上司に質問、質問への回答、学びといったシリーズなどが見受けられます。
多くのいいねやコメントを集めているshort動画を参考に定番のストーリー構成を考えてみてください。

今回はYouTubeshort動画の作る際のコツをご紹介しました。
これを参考にYouTubeshortの動画を作成してみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ