Instagramではリールを使って効果的にマーケティングを行う

0
235

Instagramは若年層を中心的に多くの人が活用しています。
2020年8月からInstagramリールという機能が新たに導入されました。
リールは映像を投稿する機能ですが、通常の投稿やストーリーとはまた違った活用ができるため企業のマーケティングにもかなり有効です。そこで今回はInstagramリールの特徴とマーケティングに効果的な理由をご紹介します。

Instagramリールとは

Instagramリールは映像投稿機能で、15秒以内の短尺の動画投稿をすることができます
あらかじめ作成した動画を投稿することもできますし、インスタ内のカメラ機能を使って撮影し、
用意されているエフェクトや音をつけてリール上で簡単に編集したものを投稿することもできます。
テキストツールもあるので、文章や絵文字、スタンプを追加することもできます。

リールのシェアできる場所は三箇所

リールは作成してシェアをする際に次の三箇所から共有場所を選ぶことができます。

  1. リール・・・プロフィールのリール専用画面
  2. リール+フィード・・・リール専用画面と自分のアカウントに表示される通常投稿画面
  3. ストーリー・・・リール専用画面とフィードには投稿されず、ストーリーと同じ扱いになり、24時間で投稿は消える

フォロワー以外にも見つかりやすい

リールはフォロワー以外の自分とは無関係な人からも映像を見つけてもらうことができます。
虫眼鏡のマークは「発見タブ」と言われていますが、ここには注目のリールを発見用のスペースがあるので、掲載される可能性があります。
また、ハッシュタグ検索でもリールを見つけることができます。

ストーリーとは違って24時間で消えない

ストーリーは24時間で勝手に投稿が消えるろいう限定性がある分、プライベート性の強いメディアでした。
しかし、Instagramリールはストーリーとは違って消えることがありません。
リール専用画面に投稿はいつまでも残り続けるので、ユーザーはいつでも情報を確認できます。
マーケティングにInstagramのリールを使うと、効果的な理由

新規ファンを獲得しやすい

リールは新規顧客を劇的に獲得しやすくさせることができます。
フィード投稿は発見タブで見つけてもらえる可能性はありますが、投稿にも無数にあるので見つけてもらえる可能性は低く、たとえ見つけてもらえたとしてもインスタはあくまで写真がメインなので目立ちにくくなります。

しかし、リールはまだそこまで投稿が多いわけではないので、ハッシュタグを駆使しれば見つけてもらえる可能性も高く、
ストーリーのように縦長の全画面で映像が見られるので、人々の共感を生みやすくなります。

若年層にリーチできる

Instagramのユーザーはもともと若者世代が多く、新機能のリールだとさらに視聴、利用年齢層は下がります。
10代から20代前半の若者層向けの商品、サービスをリリースしている企業じゃ、
マーケティングにリールを多く使うことで多くのターゲットへ自社商品、サービスがリーチするでしょう。

ここまでInstagramのリールを使って効果的にマーケティングの行い方をご紹介しました。
ストーリーと比べて拡散力があり、まだ始まったばかりなので多くの企業はまだ活用していません。
なのでこれを参考に早く参入し、マーケティングに使ってみてください!

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ