動画広告は音声がいらない視覚で伝わる動画にしよう

0
51

視覚や聴覚を通じて多くの情報を短時間でPRできる動画広告は、
多くの企業がマーケティングのコンテンツといて活用することもおおくなりました。
その中でも近年は音の無いサイレント動画広告が増えています。
サイレントでも自社の商品やサービスの魅力が伝わる動画広告が制作できれば需要が広がります。
今回は、サイレント動画広告のメリットや事例をご紹介していきます。

音声のない動画広告のメリット4つ

動画広告の情報を伝えるために音声を入れるという手段もありますが、あえて音声のない動画広告を配信するのにはメリットがあるからです。

主なメリットは4つ

どこでも気にせず再生できる

スマートフォンは今やいつでもどこでも利用されています。
勤や通学の合間、休憩中などさまざまなシーンで使用されていますが、必ずしも音を出して映像を楽しめる環境ばかりではありません。
そんなユーザーや顧客の視聴環境も考慮することも、マーケティングには重要です。

字幕で内容が伝わる

フォントや文字の大きさなど見え方を意識する必要はあるものの映像に字幕やテロップをつけると、音声はいらない場合もあります。
このように字幕やテロップを活用すれば、音声がなくとも自社の商品やサービスの内容や魅力はしっかり伝えられる方法はあるのです。

いきなり音が鳴る不快感を与えない

通勤中に気になった商品の画像(広告)をクリックしたときに、大音量で音が鳴ってびっくりしてしまうことがあると思います。
このような状況に遭遇したユーザーはまず、びっくりしてしまったり、不快に感じてしまうでしょう。
その商品にたいして良いイメージを持たなくなってしまったり、購入を考えていたのに先延ばしにしてしまうことがあるかもしれません。
広告に非はないにしても、ネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。

SNSにあっている

スマートフォンを使用している多くの人がSNSを利用しています。
FacebookやInstagram、lineなどの投稿やコミュニケーションを日常的にチェックするユーザーが多いです。
そのため、動画広告を配信するメディア媒体はFacebookやInstagramやLINEなどが人気です。
つまり、音声がない動画広告はSNSに合っていると言えます。

動画広告を作成するときはただ単に音声をなくすのではなく、音声があってもなくてもあきない内容ではなくてはありません。
これを参考にサイレント動画を作ってみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。