TikTok動画広告運用のコツ

0
43

どんな動画広告でも同じですが、動画を制作したらおわりではありません。
むしろ、制作後にどんな運営を行っていくかが重要になります。

いいねの獲得を狙う

TikTokには、一定時間にいいねを獲得した場合に、フォローされていないユーザー向けにおすすめ動画といて表示される機能があります。
いいねの数や条件は公式に公表されていません。
いずれにしてもユーザーに認められた投稿といて注目されている基準がいいねになります。
先ほど解説したインフィード広告はいいねやコメントシェアなどを付けることが可能です。

インフルエンサーを使う

InstagramやTwitterなどと同じように、TikTokもティックトッカーと呼ばれる人がインフルエンサーに当たります。
他のSNSと比較すると、比較的若いティックトッカーが多い点が特徴です。
彼らに自社の商品やサービスのPRをしてもらうことで広告効果が期待できます。

ターゲティングする

TikTokの運用型広告TikTokAdsには、ターゲティングできる機能があります。
大きく分けて4つあり、そのうち11種類のターゲティングが可能です。

・基本情報:性別・年齢・地域・言語
・今日に関心:15種類の興味ラベル
・通信環境:操作システム・ネット使用状況・デバイスプライス・システムバージョン
・カスタマイズ:カスタマーズオーディエンス・類似オーディエンス

実に細かいターゲティングが可能なのがわかります。
自社の商品やサービスに興味を持っている、もしくは持ちそうなターゲットを細かく設定することは、広告の視聴を上げるために大切なことです。