TikTok動画広告の効果を上げるコツとは

0
431

若い世代を中心にInstagramに匹敵するほどの人気を集めているアプリ、TikTokをご存じでしょうか。
高い動画広告の効果を期待する企業から新たなマーケティングとして注目されています。
今回は、動画広告を作りたいと考えている方に向けて、このTikTokがどんな媒体で、動画広告を制作する時のコツについてご紹介していきます。

TikTokを利用した動画広告のコツは以下の5つです。

縦画面にする

TikTokは当初からスマートフォンユーザーに向けて開発されたものです。
そのため、全画面が縦動画使用になります。
動画制作時にそのことを頭に入れておかなくてはいけません。
フルスクリーンでダイナミックな動画を快適に楽しむことが可能な点も若者に好まれている要因です。
視聴者も真似しやすいようにする
TikTokの多くのユーザーは10代から20代です
ダンスを取り入れたものが多くあります。
そのため、カップルや友達同士で真似をして投稿されることが多くあります。
若者は流行に敏感だという事を理解しておくのも必要です。

冒頭数秒で惹きつける

動画広告は視聴されなければ広告の効果はありません。
TikTokに限らず、動画広告全般に言えることですが、人が興味を持つまでの長さ、
つまり、その動画広告を見るか、見ていないか判断するまでの時間は冒頭の数秒で決まります。
視聴者に興味を持ってもらえる工夫をしていくことが重要になります。

かわいい画面デザインにする

流行はどこから発信されるかというと多くが女子高生です。
つまり、彼女たちに認識される動画広告を制作するということも大切になります。
かわいいものは彼女たちの心理を刺激し、広告を見てもらえることを期待できる要素の1つです。

動画は15秒以内に収める

TikTok広告の種類は3種類です。

・起動画面広告:起動画に全画面に表示されるのが特徴です。3から5秒でユーザーは必ず目にする広告になる。
・チャレンジ動画:広告の内容をテーマ化し「#」をつける。自社の商品やサービスと関係ない「#」をつける企業も多く存在している。
・インフィード広告:5から15秒の動画広告。一般ユーザーが投稿の間に表示されるため広告と変わらず視聴するユーザーもいる。

TikTok動画広告では、TikTokならではの特徴を理解する必要があります。
これを参考にTikTokの動画広告を作ってみてください。

アスライトではネイティブ監修の英語字幕翻訳をはじめ
アルゴリズムなどのSEO対策やデータ分析、さらにはタイトル、サムネイルや
概要欄の書き方のアドバイスまであなたのYouTubeをトータルサポートいたします。
お申込みやお問合せは下記申込フォームからお気軽にどうぞ!
ご質問だけでもお気軽にお問合せください。

Follow me!

 

受給可能か無料診断してみる!

  1. 補助金・助成金の受給可能な金額を知ることができます。(年間1社平均300万円受給しています。)アスライトでは約1000万円受給しています。
  2. 返済不要の資金調達が可能です。(全てが雑収入になり、利益になる)
  3. 専門家に任せることで、自社の仕事に集中でき、申請から受給までトータルサポートします。(ほぼ丸投げが可能)
診断してみる!   公式ページ